子猫を産んだ病気の母猫。我が子を守るために絶対に眠らなかった!

ぼろぼろの状態で、それでも5匹の赤ちゃんたちに懸命におっぱいをあげていた母猫。野良猫家族の運命は?

[2017-09-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ある日、野良のトラ猫が物置小屋で5匹の小さな赤ちゃん猫を出産しました。母猫は、自分も疲れ切って衰弱しているにもかかわらず、何日も起きっぱなしで必死に子猫たちを守っていました。

その後ある男性がこの猫の家族を見つけ、Purrfect Pets(アメリカ・ミズーリ州の動物保護センター)に連れて行き、保護されました。
「母猫は、特に腹部の皮膚の感染症がひどく、子猫たちへの授乳は不可能なレベルでした」と里親のホーリーさんは言います。

常に続く痛みの中で、母猫は懸命に赤ちゃんたちにお乳をあげていました。「とても我慢強い仔ですが、授乳のときには痛みのあまり悲鳴をあげてしまっていたはずです」

猫が保護された後しばらくすると、母猫はようやく目を閉じてリラックスしているようでした。


きっと、母猫は『やっと休むことができる』と気づいたのでしょう。
「そしてそれから母猫は何時間もぐっすり眠り続けました。子猫の安全が確保されたことが分かって、緊張がとけたんだと思います」とホーリーさんは話します。

赤ちゃん猫はみんな低体重で、またノミのせいで状態が悪かったので、しばらく母猫と離れて過ごすことになりました。
お風呂でしっかり洗い、夜中も数時間おきにたっぷりミルクをあげると、翌日にはだいぶ元気になっていました。

ふわふわの代理ママにすり寄って甘えています。本当のママが回復するまで、ぬいぐるみで我慢です。
3日目には、十分に休息をとった母猫が元気を取り戻し、まるで「私の子たちを連れてきて! 私が世話をするから」と強く主張しているかのようでした。


ママが戻ってきて、赤ちゃんたちもとってもうれしそう!
母猫が授乳を再開したので、ホーリーさんは足りない分のミルクを与えるだけになりました。

ママに必死にしがみついておっぱいを飲んでいます。
一週間後には保護施設を離れ、ホーリーさんの家へと引っ越しました。

母猫はバイオレット・グレイ、子猫たちはそれぞれチャーリー、ライナス・ヴァン・ベルト、ルーシー、マーシー、パティと名付けられました。

やわらかいベッドの上がお気に入りです♪
ママのバイオレット・グレイは、子猫を順調に育て上げ、とっても誇らしげです。そして毎日、ホーリーさんへの感謝の気持ちを示してくれているようです。「私が近くにいると、いつもすり寄ってきて愛情をいっぱい与えてくれるんですよ」
子猫たちも健康で、みんな食いしんぼう!
好奇心も旺盛で、いたずらをしてはまた次のいたずらをたくらんで…とくり返しています。
母猫のゆるがない愛情と、ホーリーさんからもらった快適なお部屋のおかげで、5匹の子猫はこんなに元気にかわいく育ちました!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

路上で保護された親子猫たち。その中でとても目立っている猫がいて…

【忠犬】ネットで盛り上がった笑える動物画像

笑い

話題を集めたかわいい動物画像まとめ

【威力業務妨害!?笑】思わず突っ込んでしまう動物ツイート25選

助けてくれた警察官が大好きでたまらない子猫♪

【猫を引きたい!】人気を集めた笑える動物画像

笑い

ネットで話題になったおもしろ動物画像

【完璧な配置】ネットで盛り上がった癒される動物画像25選

カワイイを通り越してあざといレベルのニャンコたち