【感動】皮膚病を患いボロボロの状態だった子猫。治療を乗り越え奇跡の回復を遂げた彼の姿がこちら。

あんなにボロボロだった子猫が、たったの10日間でこんなに変わるなんて…

[2017-08-31]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・フロリダ州を拠点に活動する動物愛護団体「Justin Bartlett Animal Rescue」。
彼らは先日、地元のシェルターで見かけた1匹の子猫を保護しました。
その子猫の名前は「ジョアー」君。
話によると、彼は重度の皮膚病を患っており、直ちに治療を受けないと危険な状態だったそうです。
「私たちはその日1匹の犬を保護するためにシェルターを訪れましたが、そこで目にしたジョアーの痛々しい姿に心を痛め、2匹を一緒に保護することを決めました。助けを必要としていた彼を見捨てるなんて、私たちにはできなかったんです。」
動物愛護団体のスタッフはこう話します。

温かいお家へ

スタッフの自宅へと移されたジョアーは、そこで体を綺麗に洗い流され、皮ふの状態を改善するための薬が全身に塗られました。
「この子を助けたい」
ただその一心でジョアーの側に寄り添い続けたスタッフの方々。
すると、そんな彼らの愛は奇跡を起こし…
数日後、ジョアーの肌はこんなに綺麗に♪
肌の状態が改善されて元気を取り戻したジョアーは、この頃から餌ももりもり食べるようになったそうです。
「肌が綺麗になるにつれ、ジョアーは少しずつ元気な姿を見せるようになりました。たったの数日間でここまで回復することができたのは、まさに奇跡と言えるでしょう。」
動物愛護団体のスタッフは言います。

現在も順調に回復中♪

動物愛護団体の話によると、ジョアーは現在も順調に回復しており、最近では体から新しい毛も生え始めたそうです。
こちらは先日撮影された写真(保護から10日後)です。
すっかり美猫へと生まれ変わったその姿は、まるで保護されたときとは別の猫のようです。
動物愛護団体の方々の愛に触れ、奇跡の回復を遂げたジョアー君。
彼がこの先も順調に回復を遂げ、いつか素敵な里親に巡り合えることを願うばかりです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

SNSで人気になったなごむどうぶつ画像

【にゃんこマッサージ!】話題を集めた面白くてカワイイ動物画像

笑い

【素敵な「はじめまして」】最近話題になったおもしろ動物画像22選

画像まとめ

飼い主さん公認!?イスの上に座るのが大好きなワンちゃんたち

小さいけれど態度はでっかいぞ?! ふてぶてしすぎる19匹の動物たち

驚き

もしかして実は…まるで忍者のようなニャンコたち!

驚き

こんなのってあり?! 飛行機に現れた驚くべきモフモフなお客様

感動

ガンの治療を拒み、ワンコと旅を続ける90歳のパワフルおばあちゃん!

サンタさんのお供はトナカイだけじゃないワン!ボクらだって