瀕死の状態で見つかった子猫とその子猫を救うことを決してあきらめなかった女性。子猫の変貌ぶりを記録した写真に驚きが隠せない。

ある女性が道路で見つけたのは瀕死の状態にあった子猫。実はこの女性には猫を飼えない理由があったのだが、それでも何とか救おうとあきらめなかった・・・

[2017-08-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
この小さな子猫が生まれて5週間ほどの時に道端で発見されたとき、彼にはうじ虫がはびこり、なんとか生きているような状態でした。
こんなに状態にあるにも関わらず、彼は人生をかけて戦っていたのです。

瀕死の猫を見つけた女性

2012年の夏、キャスリーンと彼女の友人がある建物を通りすがっていた時に友人が道端で何か子猫に見えるような何かを発見しました。
キャスリーンがその場所へ行き確認してみると、確かにそこにはすぐに救助が必要な状態の子猫がいました。
「私たちはラッキーなことに車の中に箱を持っていたので子猫を抱えて箱の中に入れました。そして私が運転をし、友人が子猫の入った箱を抱えていました。
子猫の目と鼻は怪我をしていて、損傷していました。こんなひどい状態なのに、家に着くまでの間中、子猫は箱から逃げ出そうとする元気がありました。」とキャスリーンが話してくれました。
キャスリーンは父親と兄弟がアレルギーがあるためこれまで猫を飼ったことはありませんでした。
でも、彼女はこの子猫にチャンスを与えなければならないと思っていました。
「こんなに重傷な子猫を見てから、私の母親はこの子猫に家族が見つかるまで世話をしましょうと言ったんです。私たちは子猫をお風呂に入れて綺麗にして家に迎えたんです。」
獣医へ言った後、子猫は抗生物質と虫よけ投与されました。
その後の数週間は危ない状態が続きました。
「彼はずっと昏睡状態でした。何回かもう死ぬんじゃないかと思ったくらいです。ずっと眠っていました。すごく怖かったです。だからずっと私の部屋で見守っていました。」

必死の看病で子猫は回復するのか・・・

数週間後、子猫はついに回復し始めました。
「彼はもっと警戒し始めるようになり、飛びかかったり遊ぶようになりました。そして彼を家にいる3匹の犬にゆっくりと紹介し始めました。」とキャスリーンが話してくれました。
突然、子猫はまるで彼が家の所有者かのように家全体を支配するようになりました。
そして誰がこの家の王様なのかはご覧の通りです。
「私の父親は、私が学校に行くまで彼を飼うことを許すと言ったんですがが、彼は私と一緒に学校に行かなければいけなかったんです。時間が経つにつれて、「私たちが獣医の代金を支払ったりもしましたし、今もここにいます。」
子猫は家族の心に寄り添い、彼なしの生活はできないとみんなが思うようになりました。
家族は子猫をドリッジーと名づけ、家族にとって最初の愛猫となりました。
「私たち家族は皆、彼を愛しています!」

これはまだほんの始まり

「彼は今幸せで、少しぽっちゃりしています。元気に過ごしていますよ。彼はベランダには出ますが、窓際のベッドがお気に入りのようです。」と、キャスリーンが微笑みながら語ってくれました。
あなたが一度猫に選ばれたとしたら、それはこれから起こる楽しい出来事のほんのはじまりに過ぎません。
家族は別の猫にも心を奪われたのです。
ドリッジーには新しい兄弟ストリップスができました。
彼らは今では親友です。
道路の側で救助された小さな子猫の5年後の今の彼の姿を見てください。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

見なきゃ損!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

話題を集めたおもしろ動物の画像ツイート20選

【ここが気持ちいいワン♡】最近ツイッターで話題のかわいい動物画像20選

男性に保護され、子猫は上機嫌♪

わんちゃんのお部屋をデコレーションする女性

感動

ヨットで世界一周をしていた女性に救われ、それ以来女性と共に壮大な旅を続ける猫「アメリア」。

【種は違えど似た者同士だね♡】ツイッターで話題の動物の画像ツイート

笑い

【黄昏れてる…】人気を集めた笑える動物ツイート21選