愛猫の死から立ち直れずにいた夫婦。しかしある日、里親募集サイトに掲載されていた1枚の写真が目に留まり…

里親マッチングサイトに掲載されていた1枚の写真。そこには、2か月前に病死した愛猫にそっくりな猫の姿がありました。

[2017-09-20]

Facebookでシェア
Twitterでツイート

アイドル猫「ソフィー」ちゃんの死

皆さんは、「ソフィー」と名付けられたこちらの猫ちゃんをご存知でしょうか。
彼女はInstagram上で12万人以上のフォロワーを持つアイドル猫でしたが、今年の6月に病死し、虹の橋を渡りました。
誰よりもソフィーちゃんとの別れを悲しんだのは、飼い主として3年間愛情を注いできたクリスティアーナさんご夫妻(ボストン在住)。
ソフィーちゃんの死後、2人は言葉を交わす頻度が減り、家の中は空っぽで寂しい空気に包まれていったそうです。

夫婦を救った"新たな出会い"

ところがつい先日、そんな夫婦の生活を一変させる思いがけない出来事が訪れました。
それは、州内のアニマルシェルターで保護されていた猫の「ルーイ」君との出会いです。
ルーイ君(3歳)
話によると、ルーイ君は以前まで飼い主のもとで暮らしていたそうですが、その飼い主はある日病気にかかってしまい、やむを得ず彼を施設に連れてきたそうです。
飼い主を失ったルーイ君もまた、夫婦同様寂しい思いをしながら毎日を過ごしていました。
そんなルーイ君との出会いについて。クリスティアーナさんは以下のようにコメントしています。
「ソフィーが病死してから2か月が経ったある日、私は何気なく里親のマッチングサイトを開いてみました。すると、そこにはソフィーに雰囲気がそっくりな1匹の猫の写真が掲載されていたのです。」
「写真を見て運命を感じた私は、すぐに施設に連絡し、翌日夫と共にその猫に会いに行きました。そして、施設で実際に彼と対面したところ、私たちはその可愛らしい姿に一瞬で心を奪われ、その日のうちに里親になることを決めたのです。」

笑顔が戻った日

夫婦に引き取られたルーイ君は、その後すぐに新しいお家での生活に慣れ、数日後にはリラックスした表情で喉をゴロゴロと鳴らすようになりました。
そして、夫婦もそんな彼の姿に心を癒され、失いかけていた笑顔を少しずつ取り戻していったそうです。
「ルーイは私たちの心に空いた穴を埋めてくれました。以前までは寂しい空気が漂っていた我が家も、今では笑顔で溢れています。」
クリスティアーナさんはこうコメントしています。

出会いは偶然ではなかったのかもしれない

飼い猫を亡くしたクリスティアーナさんご夫妻と、飼い主を失ったルーイ。
もしかすると、彼らの出会いは偶然ではなく、運命だったのかもしれません。
新たな家族となった彼らは、きっとこれからもお互いの心を"愛"で満たし、支え合いながら生きていくことでしょう。
私たちも、そんな彼らの事を温かい目で見守っていきたいですね♪
131.3k Followers, 267 Following, 1,985 Posts - See Instagram photos and videos from Introducing... Louie (@sophielovestuna)
ルーイ君の最新画像がご覧いただけるInstagramアカウントはこちら。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

母性はノーボーダーってことを教えてくれた、不遇の猫

母猫を取り戻した子猫たち

【秀逸】最近盛り上がったどうぶつツイートまとめ

画像まとめ

被写体ではなかったのに、いつの間にか写り込んでしまった動物たち

ママは大変だよ!育児に奮闘中のペット達

【モフモフ】人気を集めたかわいいどうぶつツイート23選

続けてやってくる地域猫を保護した女性

ネットで盛り上がった笑える動物画像

孤児の孤児にできた年上のお友達♪