「母猫にも目を向けて欲しい」とある動物保護施設の切実な願いが込められたメッセージがこちら。

子猫達が次々と引き取られ、母猫だけ施設に取り残されてしまうことも珍しくはありません。

[2017-08-26]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・バージニア州にある猫の保護施設「Cat Adoption and Rescue Efforts」。
先日、この施設に勤める職員は"母猫にも目を向けてほしい"というメッセージを込めた写真を公開しました。
話によると、施設では子猫達が引き取られた後に母猫だけが取り残されてしまう事が多く、現在も4匹の母猫が里親のお迎えを待っているそうです。
以下、施設の職員が公開した写真の一部を紹介させていただきます。

ミモザちゃん

殺処分率の高いシェルターから保護され、その後5匹の子猫を出産したミモザちゃん。
子猫達が巣立っていった後、彼女はフォスターペアレント(養い親)のお家で引き取られ、現在もそこで里親のお迎えを待っています。

ハーモニーちゃん

昨年の9月にシェルターから保護され、その後4匹の元気な子猫を出産したハーモニーちゃん。
彼女もなかなか里親が見つからず、現在はフォスターペアレントのもとで暮らしているそうです。

ロクシーちゃん

我が子に加え、身寄りの無い3匹の子猫のお世話も引き受けたロクシーちゃん。
そんな愛情深い彼女もこのまま里親が見つからなければ寂しい猫生を歩むこととなります。

ダイアナちゃん

大やけどを負いながらも一生懸命に子育てをしたたくましい母猫「ダイアナ」ちゃん。
彼女は現在まだ里親が見つかっていない1匹の子猫と共に施設で暮らしているそうです。

"母猫にも目を向けてほしい"

子猫に比べると母猫は里親が見つかる割合が極めて低く、中には施設で一生を終える子たちもいます。
もしも猫を家族に迎えたいと考えている方がいれば、地元の保健所や愛護センターに足を運び、出産を乗り越えたたくましい母猫を引き取ることも検討してみてはいかがでしょうか。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

ホントに気持ちよさそうに寛ぐことができる猫用のベッド!

驚き

何故そこにっ?! ドッキリしちゃう神出鬼没なニャンコたち【25枚】

飼い猫が通りすがりのピットブルを襲撃。襲われたピットブルは無抵抗で顔に大怪我を負う。(カナダ)

画像まとめ

アパートの外につながれていた子犬。その後大変身を遂げました。

見なきゃ損!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

【柴犬さん「これから一緒に寝ますよ!」】人気を集めた笑える動物画像

癒やされて笑える!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

笑い

ありのままで笑いを取っちゃうお茶目なワンちゃんたち

笑い

【僕が捕るにゃっ!】SNSで話題になったなごむどうぶつ画像