とある男性「お腹を空かせた野良猫を少しだけお家に入れてあげよう」→その結果…

少しだけお世話をするつもりが、気が付くと情が移ってしまった。皆さんの中にもこのような経験をしたことがある方がいるのではないでしょうか?

[2017-07-07]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ノルウェー在住のアレクサンダー・フレデリクセン(Alexander Fredriksen)さん。
彼はある日、自宅の近所に現れた1匹の野良猫を自宅の中へと招き入れました。
「彼はお腹を空かせ、当てもなく外をさまよっていました。僕はその可哀想な姿を見て黙っていることができず、ガールフレンドと話し合った末に彼を家の中に入れてあげることにしたのです。」
フレデリクセンさんはこう話します。

動物病院へ

数日後、フレデリクセンさんは猫の健康状態に異常が無いか確認するために地元の動物病院を訪れました。
すると、獣医師による診察の結果猫は健康状態が良好である事、そして体には飼い主がいることを知らせるマイクロチップが埋め込まれていないことが判明したそうです。

家族として迎えることに

猫に飼い主がいない事が分かると、フレデリクセンさんは彼に「シンバ」という名前をつけ、それ以来家族として一緒に暮らし始めました。
初めは猫を飼うつもりではなかったというフレデリンクセンさん。
しかし、シンバの愛らしい姿はそんな彼の考えを変えてしまったようです。
シンバ(左) ナラ(右)
フレデリクセンさんの自宅には「ナラ」ちゃんという名前の先住猫もいますが、彼女もシンバのことを新たな家族として暖かく迎えてくれたそうです。
「ナラはあまり他の猫と仲良くすることがありませんが、シンバにはとても優しく接してくれました。あんなに愛情深いナラの姿を見たのは初めてのことでとても驚いたのを覚えています。」
フレデリクセンさんはこう話しています。

幸せを掴み取ったシンバ

現在推定2歳~2歳半になるシンバ君ですが、彼は今もフレデリクセンさんやナラちゃんと共に幸せな暮らしを送っているそうです。
シンバがどこで生まれ、過去にどんな暮らしを送っていたのかは誰にも分かりません。
しかし、家族と暖かいお家を手に入れた今、彼の未来はきっと希望で満ち溢れていることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【ハ・ト?】ネットで話題の笑えるどうぶつツイート

感動

旅先で出会ったボロボロの野良犬、その姿に心を痛めた一家が取った行動とは…?

笑い

最近話題になったおもしろ動物画像22選

ネットで人気になった癒される動物画像

【もう絶対行かないワン】最近ツイッターで話題になった動物画像

笑い

【ロマンチックなにゃんこちゃん】ツイッターで話題になった動物画像

10代の飼い主が撮った、ダックスフンドの素晴らしすぎる集合写真

画像まとめ

韓国で食肉にされる予定だった10匹の子犬が1人の女性に救われ、その後アメリカにて幸せな未来を手に入れる。

窓際で毎日飼い主にバイバイする猫