猫が好きではなかった男性の前に現れた1匹の野良猫。その出会いは、後に男性の人生を大きく変えることに…

これまで猫とは無縁の暮らしを送って来た男性。しかし、彼には目の前で助けを求めている野良猫を放っておくことが出来ませんでした。

[2017-08-09]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
こちらの写真にうつる男性は、今から数週間前に1匹の野良猫を保護しました。
話によると、その猫は生後半年という若さで子猫を妊娠しており、まるで助けを求めるかのように男性の後を付いてきたそうです。
元々猫があまり好きではなかったという男性。
しかし、彼は必死に後を付いてくる猫の事を放っておくことが出来ず、彼女を車に乗せるとそのまま自宅へと戻りました。

子猫達を襲った悲劇

翌日、猫は男性の自宅で4匹の子猫を出産しましたが、そこである問題が発覚しました。
実は、子猫達はお腹の中にいた時から感染症を患っており、生まれた時には既に瀕死の状態だったのです。
更に、母猫は若くして出産したために母乳の出が悪く、子猫達は栄養失調によりみるみるうちに衰弱していきました。
男性はそんな子猫たちを救うためにガールフレンドと協力して人工哺乳を試みましたが、残念ながら子猫達はその後間もなく死んでしまったそうです。

せめて母猫だけでも…

保護したときは元気そうに見えた母猫。
しかし、実は彼女も上気道感染症や目の感染症を初めとする様々な病気を抱えており、出産を終えると急激に衰弱し始めました。
そこで、男性はそんな彼女を急いで地元の動物病院へと連れていき、必要な手術と治療を受けさせたそうです。
その結果、母猫は奇跡的にも一命を取り留め、数日後には再び元気な姿を見せてくれました。

その後…

男性は元気になった猫を動物病院から引き取ると、彼女を「サニー・バニー・ソーセージ」と名付け、家族の一員として迎え入れました。
男性曰く、彼女は現在も自宅で治療を続けながらのびのびと暮らしているそうです。
「サニー・バニー・ソーセージは順調に回復を遂げ、先住猫である"マフィン・アナスタシア・ポテト"とも仲良くしています。残念ながら子猫は死んでしまいましたが、彼女はきっとこの先悲しみを乗り越え、私たち家族の一員として幸せな暮らしを送ることでしょう。」
男性はこうコメントしています。

幸せを願うばかり

我が子を失い、一度は生死の境をさまよったサニー・バニー・ソーセージ。
しかし、回復を遂げ、素敵な家族も出来た今、彼女の未来はきっと希望で満ち溢れていることでしょう。
サニー・バニー・ソーセージがこの先悲しみを乗り越え、一日でも早く幸せな猫生を歩み始めるよう願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【ダッシュでお出迎え】Twitterで話題の様々な方法で主人の帰りを待つネコたち

画像まとめ

見ているだけで疲れが吹き飛ぶかも!?誰もが一目惚れしちゃうコーギー!

笑い

【ゴハンちょーだい!】ツイッターで人気の2本足で立っちゃう器用な動物たち

ピアノ演奏を覚えた猫。今ではおやつをもらうために弾いています。

【いたずらがバレた瞬間】Twitterで話題の画像、動画まとめ

画像まとめ

野生のアザラシが出現。ビーチで人々と触れ合って楽しんでいます。

監視カメラに一部始終が…ベビーベッドで起こっていた「猫のひみつ」

【鼻からぷく~♡】Twitterで人気の鼻ちょうちんを作る動物たち

驚き

【わがままボディ】打ち上げられたアザラシみたいな猫