「パンダの赤ちゃんを抱っこするだけ」そんな夢のような職業が中国に実在した。

「パンダの抱っこ係」という動物好きにとっては夢のような職業。その気になる年収は…。

[2017-06-25]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
先日、アイルランドの動物病院が「猫の抱っこ係」を募集し話題となりましたが、中国には猫ではなく、"パンダ"の赤ちゃんを抱っこするだけでお給料が貰えてしまう夢のような職業が存在するそうです。

仕事内容

「パンダの抱っこ係」の仕事内容は、その名の通りパンダの赤ちゃんを抱っこしながら様子を見守るという至ってシンプルなもの。
もちろん、パンダの赤ちゃんが変なものを口に入れたり、飲み込んだりしないよう見張るのも仕事の一つですが、パンダを飼育している施設には有害なものが無いため、あまり気を張る必要はないそうです。

赤ちゃんパンダと過ごす自由な時間

仕事をしている間、パンダの赤ちゃんとどのように過ごすのかはその人の自由です。
ナデナデしたり、写真を撮ったり、好きなだけ抱きしめることもできます。

お給料は?

「Giant Panda Protection and Research Center」と呼ばれるジャイアントパンダを保護・研究している施設では、「パンダの抱っこ係」として働く人に年間で約32,000ドル(日本円で約350万円)相当の給料を支給しているとのこと。
日本人全体の年収平均が400万円弱であることを考えると、その額は十分すぎるといっても良いのではないでしょうか?

羨ましい限り

赤ちゃんパンダと共に過ごし、それを仕事として生きる人たち。
決して簡単な仕事であるとは言えないかもしれませんが、赤ちゃんパンダと好きなだけふれあえるというのはなんともうらやましい限りですね。
この仕事の他にも、世界にはまだまだ私達の知らない夢のような仕事があるのかもしれません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

野良猫にお家を与えた男性

画像まとめ

【シフト制…?】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)

笑い

最近人気を集めたなごむ動物画像

まるで絵本みたい! かわいくてほっこりしちゃう雨宿りする動物たち【20枚】

スリスリできるお友達ができた孤児の孤児

部屋も階段も…家じゅうに猫があふれる

【パクっ】ツイッターで人気を集めた動物画像まとめ

1906年に撮影されたフィルム。この頃から、猫の行動は変わっていません。

画像まとめ

大きな家族、迎えました