【愛の力】自分の身を守る事で精一杯だった子猫が、初めて人の愛に触れて安堵の表情を見せた瞬間。

「この人なら信じてみてもいいのかもしれない…」

[2017-05-24]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今から約半年ほど前のこと、アメリカ在住のデイヴィッドさんは、自身が勤める会社の倉庫で一匹の子猫に出会いました。
どうやら、その子猫は住む場所を探してさまよっているうちに倉庫にたどり着き、そこでしばらく身を潜めていたようです。
デイヴィッドさんは当時の子猫の様子について以下のように話しています。
「子猫は警戒心が強く、物陰や隙間に隠れて全く出てこようとしませんでした。私の同僚は何度も彼をおびき寄せようと試みましたが、子猫は心を開こうとせず、日に日に衰弱していく一方だったのです。」

最後の手段に出ることに

「このままでは子猫の命が危ない…」
衰弱していく子猫の姿に心を痛めたデイヴィッドさんは、ある時子猫をおびき出すための最後の手段に出ることにしました。
その手段というのがこちら。
「警戒心が強くても食べ物の誘惑には勝てないはず」
そう考えた彼は、キャットフードと水を用意し、それを子猫の側に置いてみたのです。
するとその後、ゆっくりと姿を現した子猫は勢いよく餌を食べ始め…
数時間後にはこの通り。
お腹がいっぱいになった子猫は警戒心が薄れ、その時初めてデイヴィッドさんに触れさせてくれたそうです。
「子猫はお腹がいっぱいになると安心したような表情を見せ、そのまま大人しくケージの中に入りました。恐らく、彼は私たちが悪い人でないことを確信し、ほっとしていたのでしょう。」
デイヴィッドさんは言います。

その後…

その後デイヴィッドさんの自宅で引き取られた子猫は、家族の愛情を受けながらすくすくと成長し、半年が経った今では見違えるように愛らしくてハンサムな猫へと生まれ変わりました。
そんな彼の現在の姿がこちら。
デイヴィッドさんによって「オリー」という名前が付けられた彼は、今は野良猫としてではなく、デイヴィッドさんの家族の一員として幸せな暮らしを送っているようです。
「倉庫で見つかったときは怯えていた彼が、今ではリラックスした様子で喉をゴロゴロ鳴らしながら幸せな毎日を送っています。私たちはそんな彼の事を愛しており、これからも一生愛し続けるつもりです。」
デイヴィッドさんはこうコメントしています。
過酷な暮らしを乗り越え、暖かいお家と素敵な家族を手に入れたオリー。
そんな彼には、きっとこの先も笑顔溢れる幸せな日々が待っていることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【犯にゃんであろう猫】Twitterで話題の可愛くてほっこりする画像、動画まとめ

画像まとめ

PTSDに苦しんでいた退役軍人を癒す元保護犬

【お尻がキュート】話題になったおもしろどうぶつ画像(22枚)

里親に手伝ってもらいながら、唯一の我が子を育てる母猫

笑い

犬と猫を一緒に飼っていれば、当たり前のように見られる光景

画像まとめ

【爆笑】小動物の笑える面白投稿まとめ

笑い

【ちょっと目を話したら…!】ネットで話題の笑える動物の画像ツイート28選

感動

生後5ヶ月でブリーダーに見捨てられ、インスタ界の星になったクマ似のバートラム

【生まれつきの舞空術…???】思わず突っ込んでしまう動物ツイート28選