犬好きだった男性がある日突然猫好きに。そのきっかけになったのは、自宅の庭に倒れていた1匹の子猫との出会いだった。

「元々犬好きだった私が、まさか子猫の命を救い、その子猫を家族として迎えることになるとは思ってもいませんでした」

[2017-04-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ある雨降りの夜、アメリカ在住のレイ・バーガスさん(@rayvargas3)は自宅の外で生後間もない子猫を発見し、保護しました。
どうやら、その子猫は何らかの理由により母猫と離れ、ひとりぼっちになってしまったようです。
「ある日の夜、私は自宅の外から子猫の鳴き声が聞こえることに気が付き、急いで家を飛び出しました。そして、鳴き声が聞こえる方へ向かうと、そこには小さな体で必死に助けを求める子猫の姿があったのです。」
「私は側に母猫がいることを信じて辺りを探しましたが、どれだけ探しても母猫が見つかることはありませんでした。そこで、私は子猫を保護し、自宅でお世話をすることを決意したのです。」
レイさんはこう話します。

寝る間を惜しんで看病を続けた結果…

自宅に戻ったレイさんは子猫を毛布に包み、体を温めながら数時間おきにミルクを与えました。
すると、子猫は与えられたミルクを必死に飲み、その後日に日に回復を遂げていったそうです。
こちらは保護から数日後に撮影された子猫の写真です。
ミルクをたくさん飲んで体力をつけた子猫は、この頃から目をパッチリと開け、家の中を元気に歩き回るようになりました。
「もうこの子は大丈夫」
元気そうな子猫の姿を見て安心したレイさんは、この時初めて子猫に「バゲーラ」という名前を付け、正式に家族として迎えたそうです。

すくすくと成長していったバゲーラ

その後もレイさんの愛情をたくさん受けてすくすくと成長していったバゲーラは、数か月が経った今では見違えるようにたくましく、ハンサムな猫へと生まれ変わりました。
こちらはつい先日撮影されたバゲーラの写真です。
保護されたときは手のひらに乗るほど小さな体をしていた彼が、今ではこんなに大きく成長しました。
レイさんの膝の上でお昼寝をするバゲーラ。
その表情を見るだけでも、彼が現在どれほど幸せな暮らしを送っているのかが伝わって来ますね。

運命の出会いを経て

バゲーラは過去には家族と離れ離れになりましたが、今は大好きなレイさんの側で幸せな日々を送っています。
そしてレイさんもまた、そんなバゲーラのおかげで笑顔の絶えない毎日を送っているそうです。
「元々犬好きだった私が、まさか子猫の命を救い、その子猫を家族として迎えることになるとは思ってもいませんでした。しかし、私は今でも彼を保護したのが自分の人生において最善の選択であったことを信じています。」
レイさんはこうコメントしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【キュン死注意】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像30選

感動

恐怖のあまり動くことができなかったネコ。初めて愛情に触れた時のお話。

【物干し犬・・・?】Twitterで話題の面白くて可愛い画像、動画まとめ

感動

安楽死を待つばかりの野良猫を救い出したヒーロー

笑い

【何その手!?】話題の面白くてカワイイ動物ツイート

【まるでリスのよう】ネットで盛り上がったどうぶつツイート24選

ネットで話題の癒されるどうぶつツイート21選

感動

不遇の人生を歩んでいた猫に一筋の光明が差した日

画像まとめ

こんなになつくなんて♡ 実はとっても甘えん坊な鳥達【25枚】