【感動】生まれてすぐに右前脚を失ったポニーが、義足によって初めて歩く喜びを知った瞬間。

ポニーを救うために立ち上がったのは、バージニア州の「ドクター・ドリトル」と呼ばれている一人の獣医師でした。

[2017-05-07]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
「エンジェル・マリー」と名付けられたこちらのポニーは、生まれてすぐに母親に前脚を踏まれてしまい、その後の手術の結果右前脚を失うこととなりました。
大切な脚を一本失い、歩く喜びを知らないまま生きてきたエンジェル・マリー。
しかし先日、彼女は特製の"義足"の力を借り、初めて自分の足で歩くことに成功したそうです。
義足を製作したのはバージニア州のドクター・ドリトルと呼ばれているデリック・カンパーナ獣医師。
過去にも義足によって多くの動物を救ってきた彼は、エンジェル・マリーの義足を製作することも喜んで引き受けたそうです。
デリックさんにとってポニーの義足を作るのは初めての試みだったため、不安もありました。
しかし、実際に義足を装着してみたところ、エンジェル・マリーはそんな不安を押しのけるかのように立ち上がり、そのままゆっくりと歩き始めたそうです。
「エンジェル・マリーがゆっくりと歩き出すその光景は、まさに奇跡でした。エンジェル・マリーが暮らす牧場のオーナーさんも、そんな彼女の姿を見て感動していたようです。」
デリック獣医師は言います。

牧場のオーナーさんのコメント

取材に対し、牧場のオーナーさんは以下のようにコメントしています。
「デリック獣医師はエンジェル・マリーの命を救ってくれた恩人です。エンジェル・マリーは現在、歩く喜びを噛みしめながら毎日を過ごしており、近所の子供たちからも愛されています。もしも義足が無ければ、彼女が幸せな暮らしを送ることは無かったでしょう。」
義足によって歩く喜びを知ることが出来たエンジェル・マリー。
牧場のオーナーさん曰く、彼女は少しずつ義足の生活にも慣れ、今では牧場内を元気に歩き回っているそうです。
動物用の義足が今後広く普及し、より多くの動物たちがエンジェル・マリーのように自由な暮らしを手に入れられることを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

とある夫婦「数日前、誰かが私たちの自宅前に1匹の子猫を捨てていきました。」

かわいいって声が続出しそうなワンコ特集

ヘタウマな絵に似たポーズをとっている動物たち22選

驚き

【驚異の才能を発揮】猫は障害物を絶対に倒さない?!

疲れも吹き飛ぶ!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

驚き

【どこでだって寝れます】眠る場所を選ばなすぎなニャンコたち

飼い主の両親の結婚式に参加していた愛犬。ある行動がゲストみんなの心を奪いました。

笑い

【奇跡の表情】最近盛り上がったなごむどうぶつツイート

深い絆で結ばれた双子の子猫♪