亡くなった飼い主さんと最後のお別れをする為、自宅から3.2km離れた場所にある墓地まで必死に走り続けた忠犬のお話。

「大好きな飼い主さん、今まで僕を愛してくれてありがとう。」

[2017-04-11]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
3月の初め頃、マレーシアに住む一人の女性が高齢のためにこの世を去りました。
家族や親戚、そして村の人々からも愛されていた女性。
自宅で行われた葬儀には、そんな彼女と最後のお別れをする為にたくさんの参列者が集まったそうです。
葬儀が終わると、参列者は女性の遺体を埋葬するために約3.2キロ離れた先にある墓地に移動することとなりました。
しかしその道中、彼らはある思いがけない光景を目の当たりにすることとなります。

車を必死に追う一匹の犬

その時撮影された写真がこちら。
参列者がふと車の窓から外を覗くと、そこには必死に車を追いかける一匹の犬の姿がありました。
そして犬が近づいてくるにつれ、彼らはその犬が女性が生前可愛がっていた愛犬の「ボビー」であることに気付いたのです。
ボビーはその後も車を追って必死に走り続け、ついには3.2キロ先の墓地に辿り着きました。
そしてその後、彼は女性の遺体が埋葬されるのを最後まで見届けたそうです。
そんな彼の姿には、参列者の方々も皆心を打たれました。
「大好きな飼い主さん、今まで僕を愛してくれてありがとう。」
棺桶を見つめるボビーの口からは、そんな言葉が聞こえてきそうです。
きっと、ボビーは大好きな飼い主さんと最後のお別れをするために墓地まで必死についてきたのでしょう。

その後…

話によると、ボビーはその後女性の親戚によって引き取られ、現在は新しいお家で暮らしているそうです。
ボビーにとって、大好きな飼い主さんとの別れはとても辛く悲しい出来事だったでしょう。
しかし、ボビーにはこれからは新たな家族と共に第二の人生を前向きに歩んでいってもらいたいと思います。
ボビーが悲しみを乗り越え、一日でも早く幸せな暮らしを送ることができるよう願うばかりです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

黒白のタクシード猫の毛が雪のように変化!

笑い

【ふわふわぁ~】最近ネットで人気を集めた動物ツイートまとめ

画像まとめ

生きた熊の体に穴を開け、胆汁を採集して作られる中国の漢方薬「熊胆」。その被害に遭い、数年間苦しんできた熊がついに自由を手に入れる。

ツイッターで話題を集めたなごむ動物画像まとめ

今すぐ動物を助けるためにできる一番大事なこと

感動

【感動】愛を知らずに年老いた野良猫が、保護先の施設で見つけた"生きがい"とは…?

笑い

【キュン死注意】人気の動物系画像ツイート 20選

【相棒は猫】トラックの運転手に救われて以来、運転手を支える"相棒"として生きる猫「パーシー」。

見なきゃ損!人気の動物系画像ツイート 20選