芝刈り機に巻き込まれ頭に大怪我を負った子猫。助かる見込みの無い彼を、一人の女性は決して見捨てなかった。

"諦めない"という強い想いが起こした奇跡。

[2017-04-03]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
こちらの写真にうつるジェシー・アンダーソンさんは、今から1年前に頭に大怪我を負った子猫を発見し、保護しました。
話によると、子猫は芝刈り機に巻き込まれ、発見時には耳と頭皮が無い状態だったそうです。
その時の状況を、ジェシーさんは以下のように振り返ります。
「その日、私は使われていない古い小屋の中で子猫を発見し、保護しました。周りの人は皆子猫は助からないだろうと諦めていましたが、私には子猫を見捨てることは出来なかったのです。」

動物病院へ

ジェシーさんはその後子猫を動物病院へ連れていくと、そこで子猫に必要な処置を受けさせました。
すると、子猫は処置を終えるとまるで感謝の気持ちを示すかのようにジェシーさんにキスをしたそうです。
「子猫は治療に勇敢に立ち向かい、餌ももりもり食べました。大怪我を負いながらも強く生きようとする彼の姿に、私はとても驚かされたのを今でも覚えています。」
ジェシーさんは言います。

2度の手術

処置を受けて容態が安定した子猫は、その数日後には2つの大きな手術を受けました。
まず最初に受けた手術は失われた頭皮の部分に首の皮を移植するというもの。
残念ながらこの手術は首の皮が頭蓋骨になじまずに失敗に終わったそうですが、その後しばらく様子を見たところ、頭皮は自然治癒により元通りになったそうです。
そして次に待ち受けていたのは、怪我の影響で突っ張ってしまった右目のまぶたを元通りにする為の手術。
それまではまぶたが突っ張り目を閉じることも出来なかった子猫。
しかし、手術の結果彼のまぶたは綺麗に元通りになり、本来の美しい姿を取り戻しました。

その後…

ジェシーさんに支えられながら勇敢に治療に立ち向かった子猫。
そして、辛い治療と手術を乗り越えた彼は、1年が経った今では立派な猫へと成長しました。
そんな彼の現在の姿がこちら。
その姿からは、もう大怪我を負って瀕死の状態だったころの面影は微塵も感じられません。
話によると、猫は現在「トルーパー」と名付けられ、ジェシーさんや他の動物たちと幸せな暮らしを送っているそうです。

諦めない心が起こした奇跡

ジェシーさんは諦めずに行動を起こすことで消えかけている命を救う事ができるという事を証明してくれました。
彼女の優しさ、そして行動力のおかげで、トルーパーは一命を取り留め幸せな未来を手にすることができたのです。
私たちも、この先猫に限らず助けを必要としている人や動物に出くわす事が多々あると思いますが、そんな時にはジェシーさんのように優しく手を差し伸べ、進んで行動を起こせるようにしたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

仔犬のリールーの魅力に触れてみよう【その1】

驚き

ポップコーンを片手に映画鑑賞に浸るワンコが登場【動画付き】

感動

愛犬が森の中で育んだ友情!その相手とは…

安楽死されるはずだった子猫。しかし二年後…

感動

灰になった我が子の側に寄り添い続けた母猫。その切なくも愛情深い姿に涙せずにはいられない…。

3年前カリフォルニアで起こった土砂崩れで行方不明になっていた猫を発見

【事件!?】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート9選

笑い

【笑ってる!?】Twitterで話題の可愛くて面白い画像、動画まとめ

笑い

【食べ放題】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート25選