「絶対に救って見せる」一人の男性の諦めない心が、瀕死の状態だった子猫に未来を与えた。

子猫は何者かによってゴミ箱に捨てられ、見つかったときには瀕死の状態でした。しかし、一人の男性に救われた子猫は、その後奇跡の復活を遂げることとなります。

[2017-03-29]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今から半年前、マックスさんは自宅付近に置かれたゴミ箱の中で1匹の子猫を発見し、保護しました。
どうやら、子猫は何者かによって捨てられ、数日間その中に閉じ込められていたようです。
「発見時、子猫は生きているのが不思議なほど衰弱し、その体には泥やノミが大量に付着していました。しかし、私はまだ息をしている彼を放っておくことができなかったのです。」
マックスさんは言います。

子猫を動物病院へ連れて行ったマックスさん。しかし…

「僕が助けないと…」
マックスさんは子猫を抱きかかえると、近くにある動物病院へと急ぎました。
しかし、子猫の診察を担当した獣医師は、マックスさんにこう告げたそうです。
「この子猫の命はもう長くはありません。仮に生きられたとしても、重度の感染症を引き起こした目が回復する可能性は極めて低いでしょう。」

絶対にあきらめない

「子猫の命はもう長くはない」
そんな獣医師の言葉に、マックスさんは心を痛めました。
しかし、彼はそれでも諦めず、つきっきりで子猫の看病に励んだそうです。
「私は何度も心が折れそうになりましたが、子猫を救う事を諦めるつもりはありませんでした。何が正しい方法なのかもわからない状態ではありましたが、それでも彼を救うために全力を尽くすしかなかったのです。」
マックスさんは言います。

諦めない心が起こした奇跡

すると子猫を保護してから約2か月が立った頃、そんな彼の諦めない心が奇跡を起こしました。
なんと、その頃から子猫は次第に元気を取り戻し始め、ある時ついに小さな声で「ミャーミャー」と鳴いたのです。
「子猫は何度も生死の境をさまよいながらも必死に闘い、2か月が経った頃には少しずつ元気な姿を見せるようになりました。元気になり、喉をゴロゴロと鳴らすその姿は、まるで私に"ありがとう"と言っているようにも見えました。」
マックスさんはこう話します。
復活を遂げた子猫の姿がこちら。
残念ながら、感染症が進んでいた左目は手術によって摘出されましたが、右目はマックスさんのケアのおかげで奇跡的に完治したそうです。
家の中を元気に歩き回る子猫。
すっかり元気になった彼は「ユーリ」と名付けられ、その後マックスさんの家族として迎えられました。

ユーリの現在

その後も順調に回復を遂げていったユーリは、生後6か月になった現在ではこんなに立派な猫へと成長しました。
その姿からは、もうゴミ箱の中から救出されたときの面影は感じられません。
マックスさん曰く、彼のお家には他にも数匹の犬・猫が一緒に暮らしているそうですが、ユーリは今ではすっかり皆と仲良くなり、にぎやかな日々を過ごしているそうです。

マックスさんのコメント

「私はこれまでに何度もユーリの死を覚悟しました。しかし、ユーリは生きることを諦めずに闘い続け、ついに幸せな暮らしを掴み取ったのです。わたしはこれからもそんな彼を家族として愛し、一生共に生きていくつもりです。」
マックスさんはこうコメントし、これからもユーリを支えていくことを誓っています。
マックスさんが側にいる限り、ユーリはきっとこれからも笑顔溢れる幸せな日々が送れることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

「見た目が他の犬と違うから」という理由でなかなかもらい手が見つからない犬

感動

劣悪な環境下で暮らし、生きる希望を持てなかったアライグマが立ち直った日!

お花が大好きな動物さんの画像♡

驚き

息ぴったりだにゃん♪ 寝相や仕草が息ぴったりなニャンコたちが面白い♪【20枚】

感動

サーカス団で残酷な扱いを受け、体重が平均の4分の1になってしまった虎が保護され、その後奇跡の復活を遂げる。

笑い

【神々しい】ネットで話題の笑える動物ツイート

笑い

おもしろからかわいいまで!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

トレイルで約9m下に転落してしまった子犬。仲間と救助隊が助け、幸い無傷でした。

感動

ギリシャ版のハチ公:帰るはずのない飼い主を待ち続けること1年半