ある日突然飼い主から別れを告げられた犬。不安に怯える彼を支えたのは、慣れ親しんだ匂いがするゾウのぬいぐるみだった。

施設の方は言います「彼はゾウのぬいぐるみをくわえる事で悲しい気持ちを忘れようとしているようにも見えました。あのぬいぐるみが無ければ、彼はもっと辛い日々を過ごしたことでしょう。」

[2017-03-31]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・オハイオ州にあるアニマル・シェルター「Franklin County Dog Shelter & Adoption Center 」。
ここに、ある悲しい事情を抱えた一匹のワンちゃんがいます。
そのワンちゃんの名は「スモーキー。」
彼は飼い主が住む家を失ってしまい、1か月ほど前この施設へ連れてこられました。
長い間一緒に暮らしてきた飼い主との別れ…それは彼にとってどれほど辛い事だったのでしょう。

スモーキーの心の支え

突然知らない施設に連れてこられ、毎日怯えながら暮らしていたスモーキー。
そんな彼にとって唯一の心の支えになったのは、前の飼い主から与えられたゾウのぬいぐるみでした。
どうやら、飼い主はスモーキーの不安を少しでも軽減できるよう、彼のお気に入りのゾウのぬいぐるみを一緒に置いて行ったようです。
「スモーキーはゾウのぬいぐるみをくわえることで悲しい気持ちを忘れようとしているようにも見えました。あのぬいぐるみが無ければ、彼はもっと辛い日々を過ごしたことでしょう。」
施設の方は言います。
スモーキーにとってゾウのぬいぐるみが何よりも大事なものであると知った施設の職員は、里親募集の張り紙にもこう書き加えました。
「ゾウのぬいぐるみもボクと一緒に引き取って」

ついにその時が

施設にやって来て以来、ゾウを抱きしめながらじっと待ち続けたスモーキー。
するとつい先日、そんなスモーキーの姿は地元の動物愛護団体のボランティアの目に留まり、彼はその方々の力を借りて新たな家族のもとへ引き渡されることが決まりました。
「2人のボランティアの方々はスモーキーに新しい家族を探すことを約束し、彼を引き取ってくれました。現在、彼はボランティアの方々のもとで暮らしながら里親のお迎えを待っているようです。」
施設の方はこう話します。

スモーキーの幸せを願って

スモーキーは現在もボランティアの方々のもとで暮らしていますが、その表情からはもう寂しさや悲しみは感じられません。
ボランティアの方々の助けがあれば、彼はきっとこの先素敵な家族に出会い、新たな人生を歩み始めることができるでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

最初はひとりで来ていた野良猫が、ある日何匹もの子猫を引き連れてきました。

笑い

かくれんぼをするワンコたち!レベル0からレベル10まで

猫としては稀な症状を抱える子猫。立派に成長を遂げました。

感動

【心配してくれる】Twitterで話題のほっこりする動物の画像、動画まとめ

笑い

【ちょっと目を話したら…!】ネットで話題の笑える動物の画像ツイート28選

生きとし生けるものには、ぬいぐるみが必要だって証明できちゃう画像集

【そっくり…?】最近話題になった動物ツイート28選

【かわいい♡】ツイッターで話題になったなごむ動物画像

【生まれつきの舞空術…???】思わず突っ込んでしまう動物ツイート28選