【嬉しいニュース】飼い主に捨てられた18歳の老猫が、施設の職員の尽力により新たな家族に出会う。

18歳にして飼い主に捨てられ、寂しい思いをしていた猫「ジェイム」。しかし、奇跡的にも引き取り手が見つかった彼は、その後幸せな老後の人生を歩み始めました。

[2017-03-13]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・カリフォルニア州にある猫の保護施設「Toni's Kitten Rescue(トニーズ・キトン・レスキュー)」。
先日、この施設であるうれしい出来事が起こりました。
なんと、18歳にして飼い主に捨てられてしまった老猫が、幸運にも新たな家族に引き取られ、施設を旅立っていったというのです。

18歳の老猫「ジェイム」

「ジェイム」と名付けられたその猫は、長年一緒に暮らしてきた飼い主にある日突然捨てられ、施設へとやって来ました。
その時、ジェイムは加齢により右目を失明している状態だったそうです。
「施設にやって来た日、ジェイムはとても怯え、慣れない環境に戸惑っている様子でした。恐らく、彼の頭の中は"お家に帰りたい"という想いでいっぱいだったのだと思います。」
施設の職員は当時のジェイムの様子をこう振り返ります。

新しいお家へ

「ジェイムには残りの人生を幸せに過ごしてもらいたい…」
ジェイムを保護した施設の方々は皆そう思い、彼の里親探しに奮闘しました。
するとある時、彼らがFacebook上に掲載したジェイムの写真が一人の女性の目に留まり、ジェイムは奇跡的にもその女性のもとで引き取られることとなったのです。
こちらはジェイムが施設を旅立った日に撮影された写真です。
ジェイムはこの日、隣に写る女性に引き取られ、新たなお家へと旅立っていきました。
「幸せになってね」
施設の方々は、去っていくジェイムを笑顔で見送ったそうです。

その後…

ジェイムはその後「ニコ」という別の名前が付けられ、女性の家での第二の人生を歩み始めました。
女性曰く、ニコは近日中に動物病院に入院し、右目の摘出手術を受けることが決まっているそうです。
「ニコにはこれからも幸せな老後を送ってもらいたいと思っています。そのためにも、私はこれからも彼の治療をサポートし、たくさんの愛情を注いでいくつもりです。ニコは以前の飼い主に捨てられたときは辛い思いをしましたが、彼にはきっと幸せな未来が待っているはずです。」
女性はこう話し、これからもニコを支え続ける決意を表しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

とある男性「寝たきりだった愛犬がある日突然立ち上がった。そこで、僕は彼をある場所へ連れていくことにしたんだ。」

ロッククライミング好きなレスキュー猫⁉

笑い

ネットで話題になった笑える動物ツイートまとめ

笑い

ニャンだこれ?! 静電気に翻弄されるニャンコたち 23匹

【吸い込まれてる?】ネットで盛り上がった動物画像(22枚)

好き好き大好き!! 種族を超えて一目惚れしちゃった動物たち♡【20枚】

スポーツの秋に寄せて!ヨガに励むワンちゃんと猫ちゃん

感動

【癒しの力】動物病院のナースとして働き、入院している動物たちの心を癒し続けた猫「ロン」。

優しい先住猫に見守られて・・・