【感動のビフォーアフター】鼻が大きく腫れ上がり痛々しい姿をしていた野良猫が、治療を始めて数か月後には美しい姿に大変身!

人々の愛に触れ、驚きの回復を遂げた猫の姿がこちら。

[2017-03-07]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
先日、アメリカ・ロサンゼルスにて、痛々しい姿をした一匹の野良猫が保護されました。
その野良猫の写真がこちら。
写真を見ると、猫の鼻は大きく腫れ上がり、一部が裂けているのが確認できます。
治療を担当した獣医師の話によると、猫は「クリプトコッカス症」と呼ばれる感染症が原因で鼻に炎症が起き、このような姿になってしまったそうです。

発見時の様子

猫の保護に協力した男性は、発見時の猫の様子を以下のように話します。
「その日、猫は路上をさまよいながら道行く人に近づき、助けを求めていました。しかし、通行人のほとんどはそんな彼に見向きもせず、誰一人手を差し伸べようとはしなかったのです。」
「そんな猫の姿を見た瞬間、私は心を痛め、地元の動物愛護団体に連絡して助けを求めました。すると、愛護団体の方々はすぐに猫の元へ駆けつけ、彼を保護してくれたのです。」

治療

動物愛護団体の施設で保護された猫は、その後「スキンブル」と名付けられ、直ちに鼻の治療が施されました。
治療を担当した獣医師曰く、スキンブルは治療の間威嚇をしたり取り乱したりする様子を一切見せず、勇敢に治療に立ち向かったそうです。
そのおかげで、治療はスムーズに進み、スキンブルの鼻の状態は日に日に改善されていきました。

治療を始めてから数か月後…

そして治療を初めて数か月後、見違えるように回復を遂げたスキンブルの姿がこちらです。
発見時は大きく腫れ上がっていたスキンブルの鼻は、数か月の治療の結果ほとんど元通りになりました。
本来の美しい顔、そして笑顔を取り戻したスキンブル。
現在の彼の姿からは、もう発見時の面影は感じられません。
路上で手を差し伸べてくれた男性、そして治療を施してくれた方々のおかげで、彼は奇跡の復活を遂げることができたのです。

今後の予定

スキンブルはこの先も完治に向けて治療を続けていかなくてはなりませんが、愛護団体の方々は募金を募ることでその治療費を補っていくそうです。
強い心を持ったスキンブルなら、きっとこの先も治療を乗り越え、幸せな人生を歩んでいくことでしょう。
無事に健康な体を取り戻すことが出来た日には、また私たちにその元気な姿を見せてもらいたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【スヤスヤ…】魅惑の短足!マンチカン画像集

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

笑い

【ネコ in ネコ】人気を集めた笑える動物画像

画像まとめ

嗅覚の良い犬が、雪の中で迷子になった犬を発見

笑い

【キュン死注意】人気の動物系画像ツイート 20選

バス停で働くぽっちゃり犬

驚き

どう思われようと、自身の論理をつき通すワンコたち

笑い

【おひとつくださいな!】人気になったおもしろ動物画像(24枚)

画像まとめ

オーストラリア・タスマニアの西海岸に座礁した200頭以上のクジラ