【その発想はなかった】アメリカ在住のコメディアンが、シェルターの猫を救うために作成したユニークな張り紙が話題に。

「そうだ、こうすればより多くの人々がシェルターの前で立ち止まってくれるはず…」

[2017-03-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・ロサンゼルスでコメディアンとして活動するジェフ・ウィザスキー(Jeff Wysaski)さん。
彼は先日、"シェルターで暮らす猫達を救ってあげたい"という思いから、とってもユニークな張り紙を作成しました。
その張り紙の一部がこちら。
一見、何の変哲もない猫のプロフィールのようにも見えますが、実はこの張り紙にはこう書かれています。

名前:レッチェ
好きなこと:誰かとふれあうこと
嫌いなこと:富裕層と貧困層の間で所得の差が広がっていること
"嫌いなこと"の欄を見ると、一瞬「どういうこと?」と首をかしげたくなりますが、実はそれこそがジョンさんのねらいなんだそうです。
ジョンさん曰く、彼は"嫌いなこと"の欄にあえてジョークを交えることで人々の関心を引き、より多くの人にシェルターにいる猫の存在を知らせることが出来ると考えたんだとか。
以下、ジョンさんが作成した他の張り紙を紹介します。
名前:ゼタ
好きなこと:お腹をさすってもらうこと
嫌いなこと:呪われたお墓(ソーリー!ゼタは幽霊が大の苦手なんだ。だからお墓の近くに住む人は他の猫を引き取ってね。)
名前:ハニー
好きなもの:キャットニップ
嫌いなもの:鳥(重力が通用しないなんて、魔法使いみたいで気に食わないニャ!)
名前:ディンキー
好きなこと:お昼寝をすること
嫌いなこと:赤ちゃんをあやすような声で話しかけられること。(私はこう見えて、人間の年齢でいうと36歳なんだ。)
名前:シルビア
好きなもの:静かなお家
嫌いなこと:ジャズ好きがお互いの事を"キャッツ"と呼び合う事。(キャッツを名乗っていいのは私たち猫だけだニャ。)
名前:ローラ
好きなこと:お日様の下でお昼寝をすること
嫌いなもの:戦国時代の日本(戦国時代には連れて行かないでね)
名前:トロイ
好きなこと:ハグしてもらうこと
嫌いなもの:colonelという英単語(この綴りでどうして"カーネル"という発音になるの?訳が分からないニャ)
名前:サブリナ
好きなもの:他の猫達
嫌いなもの:あなたがもっているそのTシャツ。どのTシャツかは分かるでしょ?

工夫次第で救える命がある

ジェフさんがこれらの紙を実際にシェルターの入り口に張ってみたところ、それ以来多くの人がシェルターの前で立ち止まるようになり、既に数匹の猫が引き取られていったそうです。
"工夫次第でより多くの動物を救う事ができる"ジェフさんはそんな大切なことを私たちに教えてくれました。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

バービーハウスに押し入ったことを後悔してない猫たち

感動

一人の女性に命を救われ、以来その女性が自分の母親だと思い込むようになった猫「セムソム」。

感動

【会話してる?】Twitterで話題の仲の良い動物たちの画像、動画まとめ

雪を前に大興奮を抑えられない盲目犬

話題のほっこりするどうぶつ画像20選

妊娠中の母猫とその娘猫、合わせて10匹の赤ちゃん猫を出産!

きょうだいから遅れて4日後に生まれた末っ子猫。ママにくっついて離れない♪

世界で最も壮大なウォークに愛犬を連れて行く男性

橋の上から海に投げ出された子猫が、偶然にも近くで橋の点検を行っていた男性によって救出される。(アメリカ)