"スカンク"が原因で母猫に捨てられた猫「モモ」。ひとりぼっちだった彼に手を差し伸べたのは、血の繋がらない一匹のオス猫だった。

「大丈夫、僕が君のパパになってあげるよ。」

[2017-03-01]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
2007年5月、猫の保護に取り組むアンナさんという女性は、ある理由があって母猫に捨てられた1匹の子猫を保護しました。
アンナさんは子猫を保護することとなった経緯について以下のように話しています。
「その日、同僚が職場の駐車場でモモ(子猫の名前)を発見し、私に助けを求めてきました。そこで、私はモモを自ら引き取り自宅で面倒を見ることにしたのです。」
「モモを抱いた時、モモの体からはかすかにスカンクの分泌液の匂いがしました。どうやら、モモはスカンクに分泌液をかけられてしまい、それが原因で母猫に見捨てられてしまったようです。」
「私がこの手でこの子猫を育てて見せる。」
アンナさんは子猫を引き取ったとき、そう心に決めていました。
しかし、その後家に戻ったアンナさんは、ある思いがけない光景を目の当たりにします。

ロメオとの出会い

アンナさんが子猫を連れて家に戻ると、一匹の猫が真っ先に側に駆け寄って来ました。
それは、以前からアンナさんの自宅で飼われていたオス猫の「ロメオ」です。
「ロメオはモモに興味を示し、モモの体の匂いを嗅ぐと全身を舐め始めました。そして、彼はその後もモモの側を離れようとせず、まるで我が子のように愛情を注ぐようになったのです。」
アンナさんは言います。
すっかりモモの事が気に入ったロメオは、それ以来毎日モモの側に寄り添い、進んで身の回りのお世話をするようになりました。
そんな頼もしいロメオのおかげで、モモも日に日に元気を取り戻していったそうです。
「毎日モモの側に寄り添い毛づくろいをするロメオの姿は、まるで本当のお父さんのようにも見えました。そして、モモもまたそんなロメオを父のように慕うようになり、彼の側を片時も離れなくなったのです。」

その後…

過去には母猫に捨てられ、寂しい思いをしたモモ。
しかし、父親代わりとなって育ててくれたロメオのおかげで、彼はその後もすくすくと成長していきました。
こちらは成長したモモの姿を撮影した写真です。
アンナさん曰く、モモが立派な猫に成長した後も、2匹の絆は途絶えるどころか日に日に深まり続けたそうです。
モモの頬に優しくキスをするロメオ。
こうしてみると、2匹は本当の親子のようにも見えますね。

深まり続ける絆

2匹のその後については明かされていませんが、彼らならきっと今も仲良く幸せな日々を送り、その絆を深め合っていることでしょう。
私たちも、そんな2匹がいつまでも親子仲良く暮らせるよう、遠くから応援したいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

拾った犬の飼い主を探すために全力を尽くす男性

笑い

表情豊かすぎ?!にゃんとも言えない表情をしたニャンコたち【30枚】

強い絆で結ばれた3匹の子猫たち。数週間待って、夢が叶いました。

【天使が居る】最近ツイッターで話題のかわいい動物画像6選

【意外とモフモフな身体なのね♡】最近話題になったおもしろ動物画像22選

【アヘェ〜】動物病院から帰還したペットたちのリアクション

とっても癒されて笑える!!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

笑い

ツイッターで癒される動物の画像ツイート23選

感動

非居住者用のキャンプで救出されたワンちゃんは…【※閲覧注意※】