17年間野良猫のお世話を続け、市から強制退去を言い渡された元海兵の男性。窮地に立たされた彼を救ったのは…。

87歳になるリチャードソンさんは、退役後は野良猫のお世話に人生を捧げてきました。しかしある日、彼は近隣住民に迷惑をかけているという理由で市から強制退去を言い渡されてしまったのです。

[2017-01-23]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・ニュージャージー州に暮らす元海兵隊員のビル・リチャードソンさん(87歳)。
大の動物好きだった彼は、退役してから17年間という長い年月を近所に住む野良猫のお世話に捧げてきました。
彼にとって、野良猫のお世話をすることは老後の生きがいとなっていたのです。

リチャードソンさんを襲った悲劇

しかし昨年、そんなリチャードソンさんにある悲劇が襲い掛かりました。
なんと、彼は猫を集めて近隣住民に迷惑をかけているという理由で、市から強制退去を言い渡されてしまったのです。
更に、市はリチャードソンさんが"不法に猫を自宅に連れ込んでいる"として罰金を支払うよう命じました。
ところが、退役後収入がほとんどなく、頼れる親戚もいないリチャードソンさんには罰金を払うすべなどありません。
家の退去と罰金を同時に言い渡された彼は、絶体絶命の窮地にたたされてしまったのです。

救いの手

しかしそんな時、ある団体がリチャードソンさんを救おうと立ち上がりました。
それは、「J & Co Dog Rescue」「Rescue Dogs Rock Animal Rescue」「Barrington TNR」という3つの動物愛護団体です。
「J & Co Dog Rescue」は、リチャードソンさんの引っ越しにかかる費用を集めるべく、インターネット上で募金ページを立ち上げました。
すると、リチャードソンさんを救いたいという人は続々と現れ、必要な金額はすぐに集まったそうです。
「Rescue Dogs Rock Animal Rescue」という団体もまた、インターネット上で物資を募り、リチャードソンさんが今後生活するうえで必要なものを集めてくれました。
そんな2つの団体の助けを借り、リチャードソンさんは無事に引っ越しに必要な資金と物資を集めることができたそうです。
そしてその後、リチャードソンさんは地元の「Barrington TNR」という動物団体やボランティアの方々の力を借り、可愛がっていた野良猫達をすべて捕獲して動物病院へ運びました。
そして、そこで猫たちの健康状態に異常が無い事を確認すると、彼は猫達と共に引っ越し先のアパートへ移動したそうです。

幸せな暮らしを取り戻したリチャードソンさん

現在、リチャードソンさんは愛する猫達と共に、これまでと変わらない幸せな暮らしを送っています。
以前住んでいた場所では苦情が絶えなかったそうですが、今住んでいる場所はもともと猫のたまり場だったため、誰も苦情を言わないそうです。
3つの動物愛護団体、ボランティアの方々、そして他にも多くの人々の支えを借り、リチャードソンさんは無事に平穏な暮らしを取り戻しました。
彼にはこれからも愛する猫達と共に幸せな暮らしを送り、老後の人生を満喫してもらいたいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【可愛すぎて仕事できない…】ネットで話題になったおもしろ動物画像

【光合成】Twitterで話題の暖かさを求める猫たちの画像、動画まとめ

笑い

【猫たちの談話室に……!】人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ

これ以上の相棒はないってくらいのベストフレンド

笑い

吹き出し注意!! 何かに必死すぎるニャンコたち 23連発

最近話題になったおもしろ動物画像22選

笑い

疲れも吹き飛ぶ!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

大きくなっても仲良しこよし♪ ペットたちの成長ビフォー・アフターに心が温まる♡ 【20枚】