ニワトリ小屋を自分の居場所として選び、それ以来そこに住む9羽のニワトリ達と共に成長してきた子猫「キャラメル」。

ひとりぼっちになったキャラメルが自分の居場所として選んだのは、とある一家の庭に置かれたニワトリ小屋でした。そしてそれ以来、そこに住む9匹のニワトリ達はキャラメルを仲間として認め、成長を支えてくれたのです。

[2017-01-17]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
「キャラメル」と名付けられたこちらの子猫は、昨年の11月にアリソンさんという方に発見され、その後彼女の自宅で保護されました。
当時の状況をアリソンさんは以下のように話します。
「その日、私の子供たちがトランポリンの下に隠れていたキャラメルを見つけ、私に知らせてくれました。そして、私たちが餌を与えてみたところ、キャラメルは嬉しそうに私たちの側に寄り添い、そのまま離れなくなったのです。」
キャラメルを保護することを決めたアリソンさんは、その後旦那さんと協力して暖房付きの小屋を作りました。
しかし、キャラメルはその小屋ではなく、ある意外な場所が気に入り、その場所に居座るようになったというのです。

キャラメルが気に入った場所

キャラメルが気に入った意外な場所・・・それは何と、アリソンさんの自宅の外にあるニワトリ小屋でした。
その小屋には9羽のニワトリが暮らしていましたが、キャラメルは怯える素振りも見せずにその中に入っていったそうです。
9羽のニワトリは突然の訪問者に少し驚いた様子でしたが、子猫がただ仲間に入りたいだけだという事が分かると暖かく歓迎してくれたそうです。
こうして、子猫はニワトリの仲間入りを果たし、それ以来毎日ニワトリと共に過ごすようになりました。

ニワトリの仲間入り

すっかりニワトリたちと打ち解け合ったキャラメルは、それ以来ニワトリの後を付いて歩いては彼らと同じ行動をとるようになりました。
餌を食べるときもこの通り、
キャラメルは朝から晩までニワトリ小屋を離れず、そこにいるニワトリ達と過ごしたそうです。
アリソンさんとその家族は、そんなキャラメルが風邪を引かないよう、小屋を温めたりと工夫を凝らしながら様子を見守ったそうです。
そんな彼らの支えもあり、キャラメルはその後もすくすくと成長していきました。

順調に成長中!

アリソンさん一家に保護されてから約2か月が経った今も、キャラメルはのびのびと暮らしながら順調に成長しています。
最近は家の中で過ごす時間が増えたそうですが、彼は今でも頻繁にニワトリ小屋で9羽の友達と仲良く遊んでいるそうです。
アリソンさん一家、そして9羽の頼もしい仲間が側にいる限り、キャラメルはこれからも笑顔の絶えない幸せな日々を送ることが出来るでしょう。
私たちもそんな彼の事を見守り、いつか立派な猫に成長できるよう応援していきたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

ハスキー犬が林の中で見つけたのは弱った子猫たち。その後…

ちょっとテンションが低めな日でも気分が上向いちゃう動物画像集

驚き

ツッコミ待ちとしか思えない寝相で熟睡するペットたち

黒いものがくっついて動けない小さな猫

【にゃんぐり返し】最近ネットで話題の笑えるどうぶつ画像

笑い

【何がなんでも一緒にいたい】最近ネットで話題のかわいい動物ツイート20選

【(・Д・)】SNSで人気になったなごむ動物画像

保護された子牛のお気に入りは、わんちゃん用ベット♪

笑い

【我が家のネコさま。】ツイッターで癒される動物の画像ツイート23選