飼い主に相手にされず、愛を求めて外をさまよっていた猫「ミスターピクルス」。そんな彼が最後にたどり着いた場所とは…。

ミスターピクルスを暖かく迎え、愛されることの素晴らしさを教えてくれたのはある意外な場所でした。

[2017-01-15]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・シアトルにある老人ホーム「ベイビュー・リタイアメント・コミュニティ」。
今から約1年前、この施設に一匹の猫が姿を現しました。
後に「ミスターピクルス」と名付けられるその猫はお腹を空かせている様子だったため、その場に居合わせた入居者の方々は彼に食べ物を与えたそうです。
すると、ミスターピクルスは嬉しそうな表情を見せ、その日は施設を去っていきました。

老人ホームの人気者に

ところが、ミスターピクルスはその次の日も、そのまた次の日も施設にやって来ました。
そして、彼は次第に老人ホームが気に入り、そこに居座るようになったのです。
入居者の方々もそんなミスターピクルスの愛らしい姿に夢中になり、彼がやって来るたびにたくさんの愛情を注ぎました。
その結果、いつしかミスターピクルスは老人ホームの一員となり、入居者にとってなくてはならない存在となったのです。

悲しい事実

ミスターピクルスが初めてやって来てから数週間が経ったある日、老人ホームの方々はミスターピクルスに関する悲しい事実を知ってしまいました。
実は、ミスターピクルスは野良猫ではなく、近所の住人の家で飼われている飼い猫だったのです。
しかし、その住人はほとんど家を留守にしているため、彼は必要なケアを全く受けておらず、これまでに何度も栄養失調で動物病院へと運ばれていました。
そしてある日、ミスターピクルスの飼い主は老人ホームにやって来て職員の方々にこんなお願いをしたそうです。
「引っ越しをするにあたり、この子の面倒が見られなくなりました。どうか、この子を老人ホームで引き取ってもらませんか?」

職員の答えは・・・

飼い主の身勝手な申し出に職員は驚き、心を痛めましたが、彼らにはミスターピクルスを見捨てることはできませんでした。
そこで、彼らはその後ミスターピクルスを引き取ると、老人ホームの正式な一員として迎えることにしたのです。

現在

飼い主に見捨てられてしまったミスターピクルスですが、彼は現在老人ホームで職員や入居者に囲まれながら幸せな暮らしを送っています。
どうやら、彼は今の暮らしがとても気に入っており、今は毎日を前向きに生きているようです。
施設の職員は言います。
「ミスターピクルスは入居者に混じってイベントやパーティに参加したり、映画を見たりと充実した日々を送っています。職員や入居者の方々もそんな彼の姿に毎日心を癒されており、いつしか老人ホームは笑顔で溢れるようになったのです。」
ミスターピクルスはきっとこれからもその愛らしい姿で老人ホームの方々の心を癒し、愛を与えてくれた彼らに恩返しをしていくことでしょう。
私たちもそんな彼がこれからも長生きをし、新たに見つけた居場所で幸せな暮らしを送れるよう応援していきたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【似た者同士には実は理由があった?!】ネットで話題になったかわいい動物画像24選

笑い

【「ほぼ牛」】人気を集めたなごむ動物画像

【「すみません、入ってます」】人気を集めたおもしろ動物ツイート25選

笑い

最近SNSで人気を集めたどうぶつ画像

【「はむはむ」ガシャガシャガシャ】ネットで話題になったおもしろ動物画像

愛する人を失ったイルカの悲しみを埋めてくれたワンちゃんとの心温まる交流

笑い

【反省してなさそうな顔・・・】SNSで話題を集めた笑える動物画像

笑い

【思いがけず取れた衝撃的な画像!!】人気になったおもしろ動物ツイート

自由を掴むために乗った飛行機で