【突然の別れ】大好きな飼い主さんが交通事故によって亡くなり、悲しみのあまり涙を流した馬「セレーノ」。

セレーノは棺桶の匂いを嗅いだ瞬間、その中に大好きな飼い主さんがいることを察しました。そして、その後彼は棺桶の側を離れず、悲しそうな声で鳴き続けたのです。

[2017-01-16]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ブラジル人のワグナーさんと、その愛馬の「セレーノ」。
彼らは幼いころからずっと一緒に暮らし、共に支え合いながら成長してきた大の親友同士でした。
しかし先日、ワグナーさんは交通事故で亡くなってしまい、セレーノは突然ひとりぼっちになってしまったのです。
いつも側にいたワグナーさんがいなくなり、それ以来セレーノはすっかり元気を失くしてしまいました。

葬儀の日

ワグナーさんの葬儀が行われた日、ワグナーさんの弟さんはセレーノを葬儀の会場へと連れていきました。
彼はワグナーさんが生前セレーノの事が大好きだったことを知っていたため、最後のお別れの時を一緒に過ごさせてあげたいと考えたのです。
そしてこちらがその時の様子を撮影した写真です。
セレーノは会場に到着すると、真っ先にワグナーさんの遺体が眠る棺桶へと近づいて行きました。
そしてその後、セレーノは棺桶の匂いを嗅ぐと、悲しそうな声で鳴きながら棺桶に顔をこすりつけたそうです。
そんなセレーノの姿に、葬儀に参列した人々は皆心を痛めたといいます。
「棺桶に寄り添うセレーノの姿は、まるで兄にお別れを言っているようにも見えました。セレーノと兄の間には、私たちには想像もつかないほど強い絆が存在していたようです。」
ワグナーさんの弟さんはこう話します。

悲しみを乗り越えて

ワグナーさんとお別れをした後、セレーノはワグナーさんの弟さんの家で引き取られることになりました。
現在、弟さんとその家族はセレーノが元気を取り戻してくれることを願い、毎日愛情をもってお世話をしているそうです。
親友であるワグナーさんとの別れは、セレーノにとって想像を絶するほど悲しく、辛い出来事だったでしょう。
しかし、セレーノにはこれからは時間をかけてワグナーさんの死を乗り越え、前向きに生きてもらいたいと思います。
セレーノが一日も早く悲しみから立ち直り、前に向かって歩き出せるよう願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

人間のように二本足で歩くかわいいブリタニー・スパニエル

感動

ホワイトクリスマス!! クリスマスに見て欲しい真っ白な動物たち 22枚

救助され、里親の家に住むことになった子猫。いつでもどこでも抱っこを求めます。

スイートタイム♡ 親子でお昼寝するニャンコたちが幸せそうで癒される【20枚】

【いやし】ツイッターで話題の動物の画像ツイート

感動

ペンギンのヒナを守った、ヒーローらしからぬヒーローの正体とは…【動画付き】

画像まとめ

【気持ちいワン♪】SNSで話題の水遊びが大好きでたまらないワンちゃん画像集

感動

高層ビルの壁際から仔猫を必死で救出【動画付き】

みなしご猫のお母さんはハスキー犬!