殺処分の直前にとある夫婦に引き取られ、幸せを手に入れた猫「JJ」。そんな彼の表情の変化をご覧ください。

保護されたときは悲しそうな顔をしていたJJ。しかし、夫婦の愛に触れた彼は1年で驚きの変化を遂げました。

[2016-12-29]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
JJと名付けられたこちらの猫は、今から約1年前、アメリカ・ニューヨーク州にある「ブロンクス・パーク」という公園で保護されました。
その際、JJはガリガリにやせ細り、体重は3kgほどしかなかったそうです。
JJを保護したアニマルシェルターではJJの里親を募集しましたが、衰弱したJJを引き取りたいと申し出る人はなかなか現れなかったそうです。
そこで、JJはある日殺処分されることが決まってしまいました。

夫婦との出会い

しかしJJが殺処分される直前、アニマルシェルターに一組の夫婦がやって来ました。
その夫婦はJJが殺処分されることを聞きつけ、是非引き取りたいとシェルターに駆け付けたのです。
こうして、JJはなんとか殺処分を免れ、夫婦のもとで引き取られることとなりました。

新たな暮らし

夫婦の自宅で新たな暮らしを始めたJJは、それから毎日餌を食べては寝るという行動を繰り返しました。
そうすることで、彼は必死に元気を取り戻そうとしていたのです。
夫婦もそんなJJが一日でも早く回復し、健康な体を手に入れられるよう精一杯お世話をしました。
そして、彼らはJJに安心して暮らしてもらいたいという思いから、JJを我が子のようにたくさんの愛情を注いで可愛がったのです。

1か月後・・・

その結果、JJはみるみる内に回復し、1か月後には元気に家の中を走り回るようになりました。
そして、保護されたときは3kgしかなかった体重も、1か月で約2倍にまで増量したそうです。
元気になったJJは、それ以来毎日夫婦の側に寄り添い、甘えるようになりました。
どうやら、彼はそうすることで命を救ってくれた夫婦への恩返しをしているつもりだったようです。

現在

こちらは現在のJJの姿を撮影した写真です。
保護されてから1年が経った今、JJは見違えるように元気で愛らしい猫へと変貌を遂げました。
シェルターの方々曰く、JJは今年で推定10歳になるそうですが、彼は年を感じさせないほど元気いっぱいです。
JJならきっと、この先も5年、10年と長生きをしていくことでしょう。
夫婦は言います。
「これまで一年間共に暮らしてきたJJは、今では私たちにとってかけがえのない家族となりました。彼は私たちの家にやって来て以来、たくさんの幸せを運んでくれたのです。」

幸せになってね

夫婦が側にいる限り、JJはきっとこれからも笑顔が絶えない幸せな暮らしを送ることができるでしょう。
そして、彼は元気で愛らしい姿を見せることで夫婦に恩返しをしていくはずです。
優しい心を持った夫婦とJJに、更なる幸せが訪れますように。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

まだかな〜? ご主人の帰りが待ち遠しいニャンコ&ワンコたち【20枚】

助けてあげたくなる! ニャンコたちがちょっと残念だった瞬間 13枚

在宅勤務中に愛猫を楽しませる方法

好奇心が産んだ悲劇?喜劇? 色んな場所に挟まっちゃった動物たち【25枚】

とっても癒されて笑える!!ネットで話題になったおもしろ動物たち大集合(30枚)

シェルターで再会する母猫とその子猫たち

高貴な扱いを受けるニャンコたち!揺られてるだけで幸せだニャん

画像まとめ

「道案内してあげるワン♪」ストリートビューに写り込んでしまったワンちゃんが可愛すぎると話題に。

笑い

おもしろからかわいいまで!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選