子猫が生まれる!その時、猫が痛みに耐えながらも向かった先とは・・・。

飼い主と猫の信頼関係が分かる素敵なお話です。

[2016-11-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
動物レスキュー団体に所属し、これまで多くの野良猫を保護してきたシンディさん。
そんな彼女の自宅には「ソフィア」と名付けられたシャム猫がいますが、彼女は過去に出産を経験し、その時に驚きの行動をとりました。

出産前にソフィアがとった行動

「ある日の夜、私が寝る前に部屋の明かりを消そうとしたところ、ソフィアが慌てた様子で私の部屋にやって来ました。」
「"きっと水の容器が空っぽになったのを知らせに来たんだ。"そう考えた私は、とりあえずソフィアの後をついていくことにしました。しかし、ソフィアが向かったのは容器がある場所ではなく、お風呂場でした。」
「"何か様子がおかしい。"そう感じて間もなく、ソフィアは苦しそうにその場に横たわり、お腹を大きく動かし始めました。そして、彼女はそのまま私の側で出産を始めたのです。」

夜の出産劇

「私は突然の出来事に驚きましたが、とにかく必死にソフィアの出産のお手伝いをしました。すると出産を初めて数分後、1匹の元気な子猫が誕生したのです。」
「そしてその後もソフィアは次々と子猫を出産し、最終的には合計で4匹の元気な子猫が生まれました。生まれてきた子たちは、皆個性的でとても可愛らしかったのを覚えています。」
「私はそんな子猫達にアリス、コール、マリー、アデリンという名前を付けると、その後もソフィアと協力して彼らのお世話をしました。」
シンディさんはこう話します。

その後・・・

その後、4匹の子猫達は全員里親が見つかり、それぞれ別々の場所へ旅立っていったそうです。
子猫達が今もどこかで素敵な家族と共に幸せな暮らしを送っていることを願わずにはいられません。
そして、出産を通じて絆が深まったソフィアとシンディさんは、現在も同じ家で仲良く一緒に暮らしています。

強い信頼関係

「信頼するシンディさんに出産を見届けてもらいたい。」
ソフィアはあの日、そんな思いでシンディさんを呼びに行ったのかもしれません。
ソフィアの行動は、猫と人間でも強い信頼関係を築くことが出来るという事を証明してくれました。
シンディさんとソフィアはこれからも人生を共に歩み、楽しい思い出をたくさん作りながら、その絆を更に深めていくことでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

里親の家で別の子猫の声を聞き、我慢できずに駆け寄っていった保護猫

【幸せニャ~】Twitterで話題の尻尾をマフラー代わりにする猫ちゃんたち

画像まとめ

街をさまよっていた犬。発見した人を連れて、アパートのドア前まで歩いていきました。

画像まとめ

お父さんとおそろいでアヒルのパジャマを着て大興奮なピットブル

家屋の下にいた幼い2匹の子猫。動物がいっぱいの里親の家ですくすく成長しました。

感動

幸せのホントの意味を感じた捨て猫!心を閉ざしていたのがウソのように

子猫のため路上生活に終止符!室内生活を満喫する元野良猫♪

【事件!?】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート9選

【あ...バレたかも...】表情が物語る...容疑の黙秘を続ける猫ちゃん