これが猫カフェの理想の形!保護された猫達が人々の心を癒す猫カフェが京都・伏見区にあった。

海外でも注目されている京都・伏見区の猫カフェ「猫カフェタイム」。ここで働く猫スタッフは、全て過去に保護された猫達によって構成されています。

[2016-11-29]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
伏見稲荷大社があることで知られる京都市・伏見区。
ここには、保護された猫達が暮らし、人々の心を癒す「猫カフェタイム」という素敵な猫カフェが存在します。
近年、猫カフェは猫好きの間でブームとなっており、日本国内には多くの猫カフェが存在しますが、そこで飼育されている猫はブリーダーやペットショップから集められた猫やオーナーさんがもともと飼っていた猫が主となっています。
しかし、この「猫カフェタイム」に勤務する、いわゆる'猫スタッフ'は、全て過去に保護された猫達によって構成されているのです。

「猫カフェタイム」で暮らす猫達

猫カフェタイムでは、個性豊かな猫達が仲良く身を寄せ合って暮らしています。
こちらは猫スタッフの中で一番年上の「ボブ」君です。
ボブは2年前、猫カフェタイムの店長に任命され、それ以来お店と他の猫達を守り続けてきました。
時々、他の猫が店長代理としてボブのお手伝いをすることもあります。
こちらはボブと三毛猫の「ミカン」ちゃんの姿を撮影した写真です。
ボブはミカンちゃんの事が特に大好きで、いつも窓際で寄り添い合い、まったりと時間を過ごすんだとか。
こちらはお客さんが来るといつもドアを開けてくれる「ライ」君。
お客さんが違う部屋に出入りする時には、ライ君が真っ先にやって来てドアを開けてくれます。
猫カフェタイムには他にもたくさんの猫達がのびのびと暮らしています。
餌の時間になると、猫達は写真のようにそれぞれ決まった場所で餌を食べるそうです。

猫カフェの理想の形

猫カフェタイムで暮らす猫達は、他の猫とのんびり過ごしたり、人々とふれあったりと、快適で幸せな第二の人生を送っています。
猫ブームが加速する一方で身寄りのない猫や殺処分されてしまう猫がまだたくさんいるのも事実です。
そんな中、保護された猫を引き取っている「猫カフェタイム」のような場所は、猫カフェの理想の形と言っても良いのかもしれません。
猫カフェの数は全国で増え続けていますが、その多くが保護された猫を積極的に引き取るようになれば、より多くの猫が居場所を見つけ、幸せになることができるのではないでしょうか。
ブラウザをアップデートしてください | Facebook
こちらは「猫カフェタイム」のFacebookページになります。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

【感動】生まれてすぐに母猫に捨てられた子猫、優しい人間のパパから愛を教わり…

路上生活から救われた子猫

飼い犬の布団へこっそり移動する赤ちゃん

【癒やしと笑いがいっぱい】面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

レスキュー猫のために作られた専用プレイハウス

笑い

【真剣】話題の癒される動物ツイート

【キュン死注意】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像30選

感動

「待ってました!」学校から帰って来た男の子を全力で出迎える犬の映像が話題に。

驚き

「キャットボックス」なるものの正体とは…