飼い猫がある日突然知らない子猫を家につれてきた・・・。その時飼い主の男性がとった行動とは。

ストライダーと名付けられた猫は、その日知らない子猫を口にくわえて家にやって来ました。その行動の裏には、ストライダーのある想いが隠されていたようです。

[2016-11-12]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今から約2年前、とある男性が掲示板にこんな書き込みをしました。
「家で飼っているストライダーという猫が、先日家に1匹の子猫を連れてきたんだ。子猫がどこからやって来たのかは分からないけど、僕は子猫をギムリと呼んで可愛がることにした。」
そして男性が投稿した写真には、ストライダーと一回り小さな体をした子猫の姿が写されていました。
どうやらその日、ストライダーは子猫を路上で見つけると、子猫の首をくわえて自宅へ連れて帰って来たようです。

体を綺麗に

男性は子猫を自宅で保護すると、その後子猫の汚れていた体を綺麗にしてあげました。
「子猫の体は汚れており、ノミも付着している状態でした。そこで、僕は子猫をお風呂に入れ、体を綺麗にしてあげたんです。初めは嫌がっていましたが、お風呂を入れた後はさっぱりとした様子でした。」

ストライダーとの出会い

男性は言います。
「実は、ストライダーも以前子猫と同じように路上にいたところを私が保護したんです。ストライダーはその日、外にいた私の側に近寄り、喉をゴロゴロと鳴らしながら私に体をこすりつけてきました。そんな姿に私は心を奪われ、彼を家族として迎えることにしたのです。」
「もしかすると、あの日私に家族として迎えられたストライダーは、自分も誰かを家族にしてあげたいという気持ちから子猫を私の家に連れてきたのかもしれません。子猫を保護した後も一生懸命お世話をするストライダーの姿を見ると、そう信じずにはいられませんでした。」

その後・・・

ストライダーとギムリは、現在も男性の自宅で仲良く一緒に暮らしているようです。
こちらは抱き合うストライダーとギムリの姿を撮影した写真です。
こうしてみると、2匹は本当の親子のようです。
「ギムリは私たちに愛され、とても幸せそうです。彼は私が抱きかかえると、嬉しそうに私の腕を舐めてくれるんですよ。」
男性はこのように話します。
ある日ストライダーに連れられ、男性の自宅へとやって来たギムリ。
そしてその後家族として迎えられたギムリは、今は幸せいっぱいな毎日を送っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

手のひらサイズの小さな子猫。生きるために懸命にがんばっています。

【破壊光線だにゃ!】最近人気を集めた笑える動物画像(25枚)

【楽園のよう♪】人気を集めたなごむ動物ツイート

【そっくり…?】最近話題になった動物ツイート24選

【イネ科大好き。 猫草パラダイス!】ネットで話題の笑える動物画像

笑い

【歴史の教科書?】ネットで人気になった癒される動物画像

赤ちゃん猫を救急に運んできたお母さん猫

【シャンプー大好き♪】癒される動物ツイートまとめ

画像まとめ

ママの在宅勤務につき、新しいルールを提示されたわんちゃんたち