長年住み着いていたスーパーから突然追い出された1匹の猫。そんな時、抗議の声を挙げたのは猫を愛する地元の人だった。

スーパーの人気者「ガーフィールド」のお話

[2016-08-24]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
イギリスに暮らす茶虎猫のガーフィールド君。
彼は家の近所にある「セインズベリーズ」というスーパーマーケットが大好きで、これまで数年間毎日そこに通う生活を続けてきました。
中でも、ガーフィールドはスーパーマーケット内にある旅行代理店がお気に入りで、いつもそこへ向かっては赤いソファに座ってくつろぐのが日課となっていたそうです。

ところが・・・

ところが先日、ガーフィールドが小さな女の子を引っ掻いたという苦情がセインズベリーズに入り、ガーフィールドの立ち入りを禁止せざる負えない状況となってしまいました。
これまで毎日赤いソファの上で暮らしてきたガーフィールド。
しかし、ある日突然彼は赤いソファに座ることも、スーパーマーケットの中に入ることもできなくなってしまったのです。

抗議の声

しかし、その後話を聞いた地元の方々からは抗議の声が多く寄せられ、「ガーフィールドの立ち入りを許可してあげてほしい」という内容の電話が鳴りやまなくなったそうです。
中には、「子供が怪我をしたのは親の責任でもあるのではないか。」「動物が近くに居る時は親が子供をしっかり見張るべきだ。」という意見もありました。

飼い主のコメント

この件に関して、ガーフィールドの飼い主であるティナさんは以下のように話しています。
「ガーフィールドの事を気にかけてくれる方々には本当に感謝しています。怪我をされてしまった方には申し訳なく思いますが、どんな猫も人間を警戒することがあるという事はご理解いただきたいです。」
「彼がスーパーマーケットの立ち入りを禁止されることになったのは非常に残念ですが、それにはやむを得ない事情があったのだと思います。きっとスーパーマーケットの従業員の方々もガーフィールドがいなくなって寂しい思いをしているはずです。」

現在

スーパーマーケットの中には入ることが出来なくなってしまいましたが、現在もガーフィールドはスーパーマーケットの入り口や駐車場に毎日姿を現しているとのことです。
彼は今でも変わらず多くの方々の人気者で、彼に会った人の多くは頭を撫でたり、写真を撮ったりしてふれあっているそうです。
現在、セインズベリーズでは、抗議の声を受けてもう一度ガーフィールドの立ち入りを許可することを検討しているそうです。
今後一日でも早くガーフィールドの立ち入りが許可され、再びお気に入りの赤いソファの上で過ごせる日が来ることを願いたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【え?弾くの?】話題を集めたおもしろ動物の画像ツイート20選

驚き

眠りのプロ!どこでも眠ってしまうニャンコたち

見なきゃ損!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

笑い

えっ、まさか!?飼い主の心の悲鳴が漏れて聞こえてきそうな猫たちの行動

散歩中に猫に襲われ、顔中が傷だらけになりながらも決して反撃をしなかったピットブルのお話。

子供もワンコもニャンコもみんな違ってみんな可愛い! 子供とペットたちの仲良し写真【20枚】

感動

飼い主に見捨てられて野生化してしまった一匹の老猫が、人の愛に触れて幸せな第二の人生を歩み始める!

笑い

【「そうでしょ?ボク可愛いでしょ?」顔】ネットで人気になった癒される動物画像

自分のベッドに猫が眠っているのに気づいた犬は…