ひとりぼっちで森の中をさまよっていた子猫が見つけた暖かい居場所。

「ふかふかのベッドも用意したんだけど・・・ここが良いの?」

[2016-07-28]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・ニュージャージー州の山奥に暮らすクリスさん。
彼はある日、自宅の近くにある森の中で生後4週間ほどの子猫を発見し、保護しました。
「私はその日、郵便物を受け取るために外へでたところ、小さな子猫の鳴き声を聞きました。そして鳴き声が聞こえる方向へ向かうと、そこにはひとりぼっちで森の中をさまよう子猫がいたのです」
クリスさんは当時の状況をこのように話しています。
クリスさんはその後、奥さんのカーリさんと協力し、子猫の母親を探し始めました。
ところが、広い森の中で母猫を見つけるのは困難を極め、どれだけ探しても母猫を見つけることは出来なかったそうです。
もしかすると、子猫は数日前に母猫に見捨てられてしまったのかもしれません。
「子猫をこのまま放っておいては死んでしまうかもしれない。」
そう考えた2人は子猫を自宅で保護し、お世話をすることにしました。

自宅へ

2人は自宅に着くとまず初めに子猫をお風呂に入れ、体を綺麗に洗いました。
数日間森をさまよっていた子猫の体にはノミやダニが大量に付着していたため、2人はそれらを丁寧に取り除いたそうです。
体が綺麗になり、その後餌を食べて元気を取り戻した子猫は、嬉しそうに喉をゴロゴロと鳴らしました。
そして、優しい2人が気に入ったのか、子猫は2人に甘えるような仕草も見せたといいます。
「子猫は私たちに抱かれるのが気に入った様子で、私たちが抱くのをやめようとすると大きな声で鳴いたのです。私たちが布団を敷いて寝かしつけるまで、子猫は私たちの側を離れませんでした。」
クリスさんはこのように話しています。

その後・・・

その後も母猫が見つからず、クリスさんの家で暮らすことになった子猫は「ジョージア」という名前が付けられ、正式に家族の一員となりました。
ジョージアは数日後にはすっかり家での暮らしに慣れ、お気に入りの場所まで見つけたようです。
クリスさんの上で気持ちよさそうに寝るジョージア。
2人はジョージアの為にふかふかのベッドを用意したそうですが、ジョージアはベッドよりも2人の上で寝るほうが好きなようです。

幸せになってね

こちらは保護されてから数日後に撮影されたジョージアの写真です。
母猫とは離れてしまいましたが、新たな家族に出会い、暖かいお家を手に入れたジョージアはどこか幸せそうに見えます。
クリスさん曰く、ジョージアがもう少し大きく成長すると自宅にいるもう一匹の猫にも挨拶をさせる予定だといいます。
これから更に家族が増え、色々なことを経験していくジョージアにより多くの幸せが訪れるよう願いたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【好き 嫌い 好き 嫌い.....】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像 30選

感動

「俺に任せろ!」とある作業員が野良の子猫に対して取った優しさ溢れる行動が話題に。

画像まとめ

道端に捨てられた小さな犬たち。身を寄せ合って古いタイヤの中で生活し…

画像まとめ

ガムをカミカミするワンちゃんたちが大集合!!

路上で見つかった小さな猫。その後出会った1匹の犬に支えられています。

感動

猫エイズに感染し殺処分されることが決まった猫「ランバート」。しかし殺処分の直前…思いがけない出会いが彼の命を救った!

感動

裏庭に捨てられ独りで鳴いていた猫が、こんなにかわいく生まれ変わったワケは?

笑い

【こわいな〜こわいな〜】話題を集めた面白くてカワイイ動物画像

追いかけてくる警備員から走って逃げようとする野良猫。その後…