障害を抱えながらも一生懸命子育てに励む母猫「マルティーニ」。

マルティーニは足がおぼつかない状態になりながらも子猫の側に寄り添い続け、母親の役割をしっかりと果たしました。

[2016-07-12]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
「マルティーニ」と名付けられたこちらの猫は、以前は野良猫として路上で暮らしていましたが、妊娠をきっかけにキムさんという女性に保護されました。
マルティーニは軽い障害を抱えており、上手に歩くことができません。
ところが母猫になって以来、彼女は弱い姿を一切見せずに一生懸命子育てに励み、キムさんを驚かせてきました。
今回はそんな強い心を持ったマルティーニの過去、そして現在の様子をお届けしたいと思います。

以前は野良猫でした

マルティーニはフラフラしながら歩く野良猫として以前から近所でも有名だったそうです。
それでも彼女は多くの方に食べ物をもらいながらこれまで元気に暮らしてきました。
ところがある日、いつもマルティーニに食べ物を与えていた方々は彼女のある異変に気が付きます。
それは、彼女のお腹が大きく膨れ上がり、そのサイズが日に日に増しているという事です。
「マルティーニは妊娠しているに違いない。」
そう確信した近所の方々は、マルティーニが安全な場所で出産し、子育てができるよう地元の動物愛護団体へと助けを求めました。
すると、その後動物愛護団体に所属するキムさんという女性が駆けつけ、マルティーニを保護することになりました。
キムさんはマルティーニを車に乗せると、そのまま自宅へと連れ帰り、早速出産の準備に取り掛かったそうです。

無事出産

キムさんに保護されてから数日後、マルティーニは無事4匹の元気な子猫を出産しました。
キムさん曰く、出産を終えたマルティーニは4匹の子猫に夢中で、その後もつきっきりでお世話をしたそうです。
「マルティーニは上手に歩くことができず、何度も転びながらも一生懸命子育てに励んでいました。私はそんな彼女の姿を見て不安になりましたが、彼女自身はそんな事をまるで気にも留めていない様子でした。」
キムさんはこのように話しています。
こちらが生まれてきた4匹の子猫達の写真です。
4匹共お母さんにそっくりでとても可愛らしいですね。
キムさんは生まれてきた子猫達にそれぞれ「スカイ」「ベルビデーレ」「ゴードン」「タンカレー」という名前をつけると、それ以来彼らを我が子のように可愛がりました。

今後

キムさんは近々マルティーニと子猫を一時的に動物保護施設へ預ける予定だといいます。
子猫達はきっとこれからも頼れるお母さんに支えられながら元気に成長していくことでしょう。
「マルティーニと子猫達は、この先安全な場所で専門家の方々に見守られながら暮らしていくことになります。そして、私はこれからもマルティーニのように助けを必要としている猫達を救う活動を続けていくつもりです。」
キムさんはこのように話し、今後の決意を示しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【約2おててです】SNSで人気を集めた笑える動物画像24選

【黒い毛玉たち♡】ツイッターで話題になったなごむ動物画像

【圧倒的な貫禄】まるで木彫りの熊?オンオフの差がはっきりな「もんたくん」

【拗ねてる…?】SNSで話題になったどうぶつツイート

画像まとめ

【奇跡の瞬間】SNSで話題になったなごむどうぶつ画像

誰が見ても「かわいい」という声を発してしまう、ニャンコたち

【しんどい時よく効くシマエナガ】Twitterで話題の画像まとめ

笑い

【疲れ果てる父の顔】Twitterで話題の表情が面白い動物の画像まとめ

寝落ちする寸前かも!?仔犬たちの最高にかわいい瞬間