飼い主によって車から投げ出され、瀕死の状態で保護された子猫が2か月で奇跡の大変身を遂げる!

子猫は無責任な飼い主によって車の窓から外に投げ出され、大けがを負った状態で保護されました。

[2016-07-08]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
2016年3月29日。フロリダ州で一匹の子猫が何者かによって走行中の車の窓から外に投げ出され、大けがを負っていたところを保護されました。
その後動物病院で診察を受けた結果、子猫は怪我に加えて肺炎を患っていることが分かりました。
担当した獣医師によると、子猫はミルクを飲むこともままならないほど衰弱した状態だったといいます。
動物病院では、そんな子猫が一日でも早く元気になれるよう、職員の方々が寝る間を惜しまず看病に励みました。

回復の兆し

すると翌日、職員の方々の願いが通じたのか、子猫の容態は安定し、少しずつミルクを飲むようになったそうです。
病院では子猫に「エイプリル」という名前を付けると、その後も愛情を持って接し、回復を信じて毎日看病を続けました。
更に10日後、エイプリルは注射器によって栄養が補給できるようになり、体重が少しだけ増えました。
そして、これまで何をしてもあまり反応を示さなかったエイプリルは、この日初めて毛づくろいをするような仕草を見せたそうです。

エイプリルを見守る仲間

動物病院には、一生懸命生きようと頑張るエイプリルを見守る一匹の猫がいます。
彼はヒューゴという名前で、以前エイプリルと同じように保護され、現在も動物病院で暮らしているそうです。
彼はいつも心配そうにエイプリルがいる部屋へとやって来ては、彼女を怖がらせないよう、少し離れたところから見守っているそうです。

2か月後・・・

動物病院の職員の方々、そしてヒューゴに支えながら日々回復を遂げていったエイプリルは、2か月後にはこんなに元気で愛らしい姿に大変身を遂げました。
目がパッチリと開き、体も一回り大きくなったその姿には、もはや保護されたときの面影は感じられません。
「動物病院の職員は全員エイプリルの事が大好きです。彼女はとても個性的で、子猫だとは思えないほど人懐っこい性格をしているんですよ。」
職員の方々はこのように話します。
エイプリルは現在も動物病院で暮らしながら里親のお迎えをまっているそうです。
一日でも早く素敵な家族が見つかり、新たな暮らしが始められるよう願いたいと思います。

最後に

子猫の命を救った方々がいる一方、幼い子猫の面倒が見切れず、車の窓から投げ捨てるという信じられない行為をした人がいるのも事実です。
猫の命を奪う人間ではなく救う側の人間が増えること、そしてしっかりとした知識と責任を持った飼い主が増えることを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

大きく腫れ上がった頬が特徴的な猫「ガンダルフ」。彼が抱える悲し過ぎる過去とは…

【きょうのいんこ】最近ツイッターで話題のかわいい動物画像20選

笑い

話題を集めたおもしろ動物画像22選

話題を集めたおもしろくてカワイイ動物画像(25枚)

【無反発ねこ】最近話題になったおもしろ動物画像22選

笑い

ニャンコたちの恐るべし真実…?!ニャンコを飼うと分かる飼い主あるあるネタ【30枚】

【なんで顔の毛だけ抜けた?!】盛り上がったどうぶつツイートまとめ

笑い

散歩させているのはどっち? ほっこりするワンコと子供のお散歩珍道中♪【20枚】

「bokete」に登場する面白い犬たち☆