プールデッキの下に隠れた3匹の子猫を救え!6時間にも及んだ子猫の救出劇。

無事救助された3匹の子猫は、現在施設で暮らしながら里親のお迎えを待っています。

[2016-07-08]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今年の5月、アメリカ・ペンシルベニア州にある民家のプールデッキの下で、3匹の子猫が発見されました。
どうやら子猫の母親が子育てをするためにその場所を選んだようですが、不衛生な環境だったために子猫は体調を崩している様子だったといいます。
プールデッキの持ち主の男性は、そんな子猫達の姿を見てすぐに近所の動物愛護団体へと助けを求めました。
すると、その後マーゴさんという方が子猫の様子を見る為にその場所へやって来たようです。
マーゴさんはその時の状況をこのように説明しています。
「子猫の様子を見た瞬間、私はすぐに彼らを捕獲し、保護する必要があると感じました。3匹の子猫の中でも特に1匹の子猫はフラフラとした不安定な歩き方をしており、すぐに救助しないと危険な状態だったのです。」

救助

その後、マーゴさんは同じく動物愛護団体で活動する同僚を呼び、子猫の救助を始めました。
1匹の子猫は手の届く場所におり、すぐに捕獲できたようですが、2匹は逃げ回っていたために中々捕まえることが出来なかったそうです。
それでも彼らは諦めず、それから6時間という長い時間をかけてようやく残りの子猫を同時に救出することに成功しました。
こちらは救助されてすぐに撮影された子猫の写真です。

保護された猫達

子猫が保護された後、近くに居た母猫も無事捕獲され、動物愛護団体の方々によって保護されたそうです。
そして、母猫と子猫達は共に保護施設へと運ばれました。
保護された3匹の子猫達は、体調を崩してはいるものの、体は清潔で健康状態に大きな異常は見られなかったそうです。
子育てをする環境には問題がありましたが、母猫はしっかりと子猫達の面倒を見ていたようです。

少しずつ元気に

子猫達は、初めは見慣れない人達に少し怯えていたようですが、施設に来てから数時間後には彼らに心を開いたようです。
施設の方々が子猫に水を差しだすと、彼らは元気よく水を飲み始めました。
その後ミルクをたくさん飲み、治療を受けた子猫達は少しずつ元気を取り戻していったといいます。
彼らは今後里親が見つかるまでは施設で暮らしながら治療を続けていくそうです。

現在

「ピーターパン」「ウェンディダーリン」「ルフィオ」と名付けられた3匹は、現在も施設で暮らしながら里親のお迎えを待っています。
施設の方々曰く、今の子猫達は治療では無く家族の愛情と暖かい家を必要としているそうです。
今後彼らに素敵な家族が見つかり、少しでも早く施設を離れて幸せな暮らしを始められるよう願いたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

感動

保護されたときは体重が平均の三分の一しかなく、弱々しい姿をしていた子猫「ビジョウ」。そんな彼女の現在の姿とは…。

笑い

【楽しそう!嬉しそう!(笑)】思わず突っ込んでしまう動物画像

感動

ネコリンピック開催決定! とっても躍動感あふれるニャンコたち【20枚】

4匹の子猫によるクレートからの脱出!元気いっぱいのきょうだい猫です。

笑い

【えぇ…?】最近ネットで話題の笑えるどうぶつ画像

最近人気を集めた笑える動物画像(25枚)

笑い

【もふもふ感】人気になったおもしろ動物ツイート

ママのお化粧を邪魔する猫ちゃん