【母猫からのSOS】子猫の異変に気がついた野良の母猫、彼女が真っ先に向かったのは一番信頼する女性の自宅でした。

母猫の判断によって救われた子猫は、その後暖かいお家と家族を手に入れました。

[2016-07-01]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ・ウェストバージニア州に暮らす1人の女性。
彼女はある日一匹の野良猫に出会い、それ以来その野良猫に餌を与え続けてきました。
すると、ある日その野良猫は2匹の小さな子猫を連れて女性の前に現れました。
どうやら猫は2匹の子猫を持つ母猫だったようです。

子猫の異変

とっても可愛らしい子猫達の姿に女性は心を奪われます。
しかし、同時に彼女は片方の子猫を見てある異変に気が付きました。
なんと、子猫のまぶたは大きく腫れ上がり、目が開けられない状態になっていたというのです。
女性はそれに気が付くとすぐに子猫を自宅へと連れていき、子猫の目を洗ってあげました。
そして、子猫の目が大事に至らないよう、その後近所の動物病院へと連れて行ったそうです。

動物病院へ

動物病院では子猫の目が綺麗に洗浄され、目薬による治療が施されました。
すると、子猫は少しずつ目を開け、数時間後にはパッチリとした目を見せたようです。
子猫の目が回復し、動物病院を出た女性はある決断をしました。
「母猫と子猫が安心して暮らせるよう、彼らを私の家で引き取ろう。」

家での暮らし

こうして、母猫と2匹の子猫は女性の自宅で暮らすことになりました。
その後母猫は「エセル」、子猫はそれぞれ「ディアブラ」と「ブラックベティ」という名前が付けられたそうです。
ディアブラはお家で暮らし始めてからすっかり新しい生活が気に入り、元気に家の中を走り回るようになりました。
一方、シャイな性格をしたブラックベティはまだ家での生活に慣れるまで時間がかかりそうですが、とても甘えん坊な一面もあり、飼い主さんに抱っこされるのが大好きなんだそうです。

母猫の判断によって救われた子猫

もしもあの時母猫が子猫を連れて女性の前に現れなければ、子猫は失明し、最悪死に至っていたかもしれません。
母猫は子猫の異変に気が付き、子猫を救うために一番信頼する女性のもとへと連れて行ったのではないでしょうか。
母猫の判断によって元気な姿を取り戻し、暖かいお家で暮らせることになった子猫達。
そんな彼らがこれからもすくすくと成長し、いつか母猫のように立派な猫に成長することを願いたいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

動物好きにオススメの話題のツイート23選

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

感動

【母は強し】脳に障害を抱えながらも、生まれてきた我が子のために身を捧げた母猫のお話。

飼い主に置き去りにされてしまった「ベル」!実は、その身に新たな生命を宿していた

笑い

今年も頑張るぞ!! 新年を迎えてやる気満々な動物たち 21選

笑い

とっても癒されて笑える!!ネットで話題になったおもしろ動物たち大集合(30枚)

今日も我らは自由です♪ 身も心も軽くなる自由気ままなニャンコたち 20枚

にゃあにゃあ歌ってみたら10匹以上の猫が出てきた

【キュン死注意】ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)