【超貴重】突然変異で生まれた新種の猫"ライコイ"が南アフリカ・ケープタウンで保護される!

狼男のような風貌をしている事から、その品種にはギリシャ語で狼を意味する「ライコイ」という名が付けられました。

[2016-07-03]

Facebookでシェア
Twitterでツイート

ケープタウンで保護された珍しい猫

南アフリカ共和国の首都ケープタウンにて、非常に珍しい猫が保護されたと話題になりました。
こちらが保護された猫の写真です。
所々皮膚がむき出しになり、まるで童話に登場する狼男のような風貌をしているのが分かります。
「エヨーナ」と名付けられたその猫は、「TEARS Animal Rescue(ティアーズ・アニマル・レスキュー)」という地元の動物愛護団体によって保護されました。
保護した方々は、初めは猫の品種がデボンレックスかスフィンクスだと考えたようですが、後に行われたDNA検査では驚きの事実が判明します。

新種の猫"ライコイ"

DNA検査が導き出した答え、それはエヨーナがライコイと呼ばれるとても珍しい品種の猫であるという事でした。
ライコイという品種は2012年に猫の新品種として認定され、狼男のような風貌をしていることからギリシャ語でオオカミを意味する「ライコイ」という名前が付けられたそうです。
南アフリカ共和国でライコイが見つかったのは初めての事で、世界的に見ても品種改良されずにライコイが生まれたのは35例目だといいます。
「ライコイが狼のような風貌をしている理由は誰にも分かりません。唯一分かるのは彼らは一般的な猫のお母さんから非常に低い確率で生まれてくる突然変異体だという事です。」
施設の方はこのように話しています。

エヨーナの現在

保護されたエヨーナは、現在愛護団体に所属する方の家でたくさんの猫に囲まれながら暮らしているそうです。
「エヨーナは自分のペースで少しずつ新しい生活に順応し始めています。家に来た当時は警戒した様子でしたが、今ではベッドで寝たり、お気に入りのおもちゃで遊んだりしながら楽しく暮らしているようです。」
エヨーナを保護した男性はこのように話しています。
男性はエヨーナを手放すつもりは無く、今後も家族としてずっと自宅で面倒を見ていくそうです。
まだ他の猫達とは完全には打ち解けあえていないようですが、これからゆっくり時間をかけて仲良くなってほしいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【かわいいってすごい】ネットで話題の笑える動物の画像ツイート13選

動物好き大集合!!おもしろ&ほっこり動物ツイート30選

感動

「保護施設に子ブタがやって来た!」→その時、保護猫たちが見せた反応とは…?

画像まとめ

【黄昏…】話題を集めたおもしろ動物画像28選

何もかもこわくて仕方なかったレスキュー犬のピットブル。その後新しい家族に出会い…

画像まとめ

野生では珍しい、母親の死後に子供の世話をする父親オランウータン

信じられないくらいの成長スピードにびっくり!月日の流れをしみじみと感じる画像集

感動

【感動】皮膚病を患いボロボロの状態だった子猫。治療を乗り越え奇跡の回復を遂げた彼の姿がこちら。

画像まとめ

世にも奇妙な家族構成を持つペットたち