【奇跡の生命力】余命半年と告げられながらも、その後4年間生き続けている猫「ケヴィン」。

ケヴィンは現在も病気と闘いながら飼い主さんと楽しい毎日を送っています。

[2016-06-26]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
猫のケヴィンは、今から4年前に動物病院に勤務する女性に保護され、それ以来彼女と共に暮らしてきました。
とっても元気で幸せそうなケヴィンですが、実は彼は重い病気を患っており、今生きていること自体が奇跡だといわれているのです。

余命半年

4年前、駐車場でケヴィンを保護し、動物病院へと連れていった女性は、そこで獣医さんにある事を告げられました。
それは、ケヴィンが水頭症を患っており、半年以上は生きられないという事です。
しかし、女性は一度保護したケヴィンを見捨てようとはしませんでした。
「獣医さんの言う通り長くは生きられないかもしれない。それでも私はできる限り彼に愛情を注いで幸せにしてあげよう。」
女性はその後もケヴィンに治療を受けさせながら毎日愛情を持って接し続けました。
そして、そんな女性の優しさは後に奇跡を呼びます。

半年後・・・

半年は生きられないと告げられたケヴィン。しかし、それから半年がたっても彼は病気を感じさせないほど元気な姿を見せました。
水頭症の影響でケヴィンは視力や聴力をほとんど失ってしまいましたが、体には何も異常が無く、一番懸念されていた発作も一切起こらなかったというのです。
これには獣医さんも驚き、奇跡の存在を信じずにはいられませんでした。
そして、ケヴィンはその後も1年、2年と元気に生き続け、病気に負けない強い姿を見せたのです。

現在

保護されてから4年が経ち、4歳の誕生日を迎えたケヴィンは現在も飼い主さんと元気に過ごしています。
体重は他の猫と比べて軽く、視覚と聴覚のハンディキャップを抱えたケヴィンですが、彼はそんなことは全く気にしていない様子です。
「ケヴィンは世界一幸せな猫だと思います。私はそんな彼に生きるチャンスを与えられたことが本当にうれしいです。」
飼い主の女性はこのように話しています。

これからも強く生きてほしい

病気に負けず、余命という壁を乗り越えたケヴィン。
そんな強い心を持った彼ならばこの先も5年、10年と生き続けることでしょう。
そして、そのたくましく、愛らしい姿を見せることで飼い主さんに恩返しをしていって欲しいと思います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

瞼が未発達の状態で生まれてきた猫。でも決してあきらめることなく…

笑い

物に身を隠すのがとっても大好きなニャンコたち

むしろ確信犯? どこか間の抜けた動物たち

画像まとめ

野良犬と遭遇した街路清掃人。少し仕事を休み、犬の相手をすることにしました。

笑い

【激おこキャット】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)

画像まとめ

かわいいを連呼しちゃうかも!?ぺろりとイタズラっぽく舌を出すワンちゃんたち15選

ぴょこんと倒れた片耳と綺麗なオッドアイを持つ猫「キャスパー」が死去。たくさんの愛に包まれた彼の人生を振り返ります。

笑い

【可愛すぎて仕事できない…】人気になったほっこりする動物ツイート

感動

育児放棄された子猫を救った男性。その勇気ある行動に称賛の声。