命を救ってくれた男性の側を離れようとしない子鹿

元気を取り戻し、家族と再会した子鹿はその後野生へと帰っていきました。

[2016-05-21]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカに住むダリウスさんという男性は、ある日自宅裏の敷地内で出産している鹿を目撃します。

足に怪我を負った子鹿

その鹿は2匹の子鹿を出産しました。
しかし、その内の1匹は足を怪我しており、歩くことができない様子だったといいます。
母鹿は子鹿が助からないと悟ったのか、その子鹿を置いてどこかへ行ってしまいました。
ひとりぼっちになってしまった子鹿。
その後も母鹿が戻ってくることはありませんでした。
敷地には他にも多くの野生動物が生息しているため、心配に思ったダリウスさんは子鹿を一時的に保護することを決めます。

子鹿を自宅へ

子鹿を保護したダリウスさんは、空き箱を利用して脚のギプスを製作しました。
そして、子鹿がお腹をすかせないよう、4時間おきにミルクを与えたそうです。

少しずつ元気に

ダリウスさんの助けを借りながら、子鹿は少しずつ元気を取り戻していきました。
まだ走ることはできませんが、その後ゆっくり歩けるまでに回復します。
「助けてくれてありがとう」
子鹿は命を救ってくれたダリウスさんにとても感謝していたようです。
保護されて以来、彼の側を離れなくなりました。

野生へ返したほうが良いのではないか

その後も順調に回復し、元気に走り回れるようになった子鹿を見てダリウスさんはこう思いました。
「ずっと自宅で飼う訳にはいかない。野生で仲間と共に暮らした方が良いのではないか。」
こうして、ダリウスさんは子鹿を野生へと返す決心をします。
ある日、彼は子鹿を抱えて遠く離れた敷地でお別れをしました。
しかし、子鹿は何度野生に返されてもダリウスさんのもとへと戻ってきました。
子鹿にとって、ダリウスさんは親代わりのようなかけがえのない存在だったのです。
それでもダリウスさんは諦めず、子鹿を野生に返すよう試みました。
するとある時、子鹿の前に一匹の鹿が現われました。

お別れの時

現われたのは一度子鹿を置き去りにした母鹿でした。どうやら元気になった子鹿を迎えに来たようです。
子鹿は母鹿と兄弟に連れられ、共に野生へ帰って行きました。
「元気でね。」
ダリウスさんは子鹿の幸せを願いながら、去っていく子鹿を見送ったそうです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

とっても癒されて笑える!!ネットで話題になったおもしろ動物たち大集合(30枚)

画像まとめ

カバの赤ちゃんを見ると、なぜかしら気分がよくなるよ~

笑い

【割れちゃう、割れちゃう〜!!】人気になったおもしろ動物画像(24枚)

最高の景色を見ながら食事するぜいたくな猫

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

【いってきまー・・・】ネットで盛り上がったどうぶつツイート24選

驚き

あれっ、動物もそんなことするの!?思わず吹き出してしまう人間くさい動物たち16選

笑い

最近ツイッターで話題を集めた動物画像(25枚)

【なにこれやだかわいい!】人気を集めたかわいい動物画像(21枚)