ある有名人のツイートが650匹の尊い命を救う!

物資が足りない。募金も集まらない。そんな時1人の救世主が現われます。

[2016-05-20]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
有名人が持つ影響力というのは計り知れません。
彼らがひとたび発言をすれば、それは多く人々の心を動かします。
そして、時にその影響力は尊い命を救うこともあるのです。
今から約半年前、とある有名人によるツイートが650匹もの犬の命を救うという出来事が起こりました。

保護施設に搬送された650匹の犬

その日、ルーマニアの動物保護施設には、虐待を受け餓死寸前だった650匹の犬達が連れて来られました。
しかし、650という数に対し、保護施設には治療ができる職員は1人しかいませんでした。
そして、急な事態に食料や寝床が間に合わない状況だったといいます。

募金を募ることに

そんな中、彼らは「K-9 Angels」というイギリスの動物愛護団体の助けを借り、募金を募り始めます。
650匹の治療を施し、必要な物資を調達するためには最低3万ポンド(約470万円)の資金が必要でした。
しかし、なかなか募金は集まらず、時間だけが過ぎていったのです。

現われた1人の救世主

募金による資金調達を諦めかけたその時、1人の救世主が現われました。
その方はイギリスでコメディアンや俳優として活躍するリッキー・ジャーヴェイスという男性です。
彼は死にかけている犬達の存在を知り、直ちにツイッター上で情報を発信しました。
こちらがその時のツイートです。
「今すぐ食料や治療を必要としている犬達がいる。どうか皆の力を貸してほしい。」
彼はそのメッセージによって、情報の拡散と動物保護施設への募金を呼びかけました。

すると・・・

その後ツイートはすぐに多く人々の目に留まり、保護施設へ次々と募金が集まるようになりました。
最終的には目標額の3万ポンドにも届き、全ての犬を救う為に必要な物資が手に入りました。
餓死寸前だったワンちゃん達も、これで好きなだけ餌を食べることが出来ます。
その後、保護施設の職員も増員されました。
「K-9 Angels」の方々もワンちゃん達を救うべく、イギリスからルーマニアへと駆けつけたそうです。

ツイートによって救われた尊い命

こうして、ワンちゃん達の尊い命は無事救われました。
リッキー・ジャーヴェイスさんはこれからもコメディアンや俳優業を続ける傍ら、動物の保護にも携わり続けるそうです。
ツイートをきっかけに人々が団結し犬の命を救う、そんな心温まるお話でした。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【まだかなぁ〜?】ペットたちのそれぞれのご飯待ち画像、動画まとめ

【無言の圧力】SNSで話題のとにかく圧がすごい動物画像集

驚き

【驚異の才能を発揮】猫は障害物を絶対に倒さない?!

【避難だワン】ツイッターで話題の雷に怯えるワンちゃんたち

ベッドの上で巧妙に隠れる犬。どこにいるかわかりますか?

笑い

【ぬいぐるみへの反応は?】ペットたちの反応がかわいい画像、動画まとめ

【はみ出し方、、】ツイッターで話題の色々はみ出ちゃってるカワイイ動物たち

【変顔マスター】SNSで話題の動物変顔集

画像まとめ

やっと救助してもらえた捨て犬。車に乗せられ、すぐに眠ってしまいました。