体をピンクに染められ傷つけられたシャム猫、保護されたあとの美しい姿に感動…

辛い過去を乗り越え、再び人間を信頼してくれてありがとう。

[2016-05-17]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ジェレミーさんが道端でさまようシャム猫のモカを保護したとき、モカはひどく怯えて警戒していました。
モカの胸の毛はピンク色に染められ、鼻には大きな傷がありました。

一体どこからやってきのか、知るすべはありませんが、ペットショップかサロンのようなところから逃げ出してきたのではないかと思われました。
「モカはとても人間を恐れていた。しばらくは近づくことすらできなかったよ。」
ジェレミーさんは言います。
保護されてから数日間、モカはずっと物陰に隠れたまま出てきませんでした。

しかし、忍耐強く待ち続けた結果、少しずつ、モカのほうからジェレミーさんへ近づいてくるようになったのです。
モカがジェレミーさんの家族の一員になった瞬間です。
ジェレミーさんは今、昼も夜もずっとモカと一緒に過ごしています。
モカは、新しいパパとの暮らしにどんどん馴染んでいっているようです。
「ジャンプして、遊びに誘ってくるんだ。撫でてもらいたいときは、僕の膝やお腹の上に座ってくる。インコみたいに肩に登ってくることもあるんだよ。」
人間不信に陥っていたモカですが、再び人間を信頼して暮らせるようになりました。

ピンクに染められた毛の部分や鼻の傷跡は簡単には消えませんが、ジェレミーさんと幸せそうに暮らすその美しい姿をご覧ください。
ピンクに染められた毛…どれほど酷い環境にいたのでしょう。
鼻の上の傷跡も痛々しいですね。
温かい毛布にくるまれ、リラックスしています。
可愛い顔したモカ、こう見えて実は男の子です。
とっても男前ですね。
ジェレミーさんに抱っこされて、安心しきっています。
やはりかなりの男前。
シャム猫は、とても賢くて好奇心旺盛、アクティブに遊ぶのが大好きなのだそうです。
一見クールな印象を与えますが、信頼した人に対しては甘えん坊になるそう。
猫仲間ともすっかり打ち解けたようですね。
生き物をおもちゃのように扱う人間…モカのような酷い目にあわされる動物は、悲しいことに後を絶ちません。

ただ、ジェレミーさんのように、そんな動物に手を差し伸べ、愛情を注ぎこむ人間もいます。
モカが公平な目で見極め、再び人間と一緒に暮らすことを選んでくれて本当に良かったです。
モカ、ジェレミーさんにたっぷり遊んでもらって、甘えたいときはしっかり甘えて、幸せに暮らしてね!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

なぜワンちゃんが好かれるの!?とっても魅力的な理由が分かっちゃう20枚

カメラマンになりたいのかも♪ カメラに興味津々なキュートな動物たち【20枚】

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

最高のウェディングケーキを注文した新郎新婦

感動

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」はウソ⁈夫婦の仲を取り持ったミニチュアダックス

画像まとめ

異なる色の目と、変わった模様。ユニークな見た目の犬

【目が・・・】話題を集めたおもしろくてカワイイ動物画像(25枚)

地域コミュニティをひっそりと見守り続ける猫の正体とは?

感動

最愛の飼い主が亡くなり、住み慣れた家を失った盲目の猫「ベニー」。そんな彼が最後にたどり着いた居場所とは・・・。