てんかん発作に苦しむ女性を救ったブタのお話

生きる希望を失いかけた女性のもとに、ピンクの天使が現われました。

[2016-05-15]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
自宅でブタを飼っているというメラニーさん。
彼女はよく周りの人から「どうしてブタをペットに選んだの?」と聞かれるそうですが、それには彼女が抱えるある病気が関係しています。

メラニーさんが抱えている問題

メラニーさんはある日、突然意識を失い倒れました。
その後病院で診察を受けたところ、それが"てんかん"による症状である事が判明します。
てんかんの症状は日に日に悪化し、次第に普通の生活が送れなくなってしまったそうです。
発作はその後も一日に8~10回ほど起きるようになり、メラニーさんは生きる希望を失いかけていました。

心の支え

メラニーさんは辛い毎日を送る中で、せめて心の支えになるペットが飼いたいと考えるようになりました。
しかし、メラニーさんの旦那さんは犬と猫への強いアレルギーを持っているため、なかなかそれは実現しませんでした。
ところがある日、メラニーさんがとある動画を観ていると、そこで元気に遊ぶ子ブタの姿が目に入ります。
「これだ!」
メラニーさんはすぐに旦那さんに相談し、猫や犬の代わりにブタを飼うことを決心しました。

子ブタの「ハムレット」

こうして家にやってきたのが子ブタのハムレットです。
天使のように優しいハムレットの顔を見たメラニーさんは、長い間見せなかった笑顔を取り戻しました。
その後、ハムレットはメラニーさんが思っていたよりもかけがえの無い存在となりました。
ハムレットは毎日てんかんの発作に苦しむメラニーさんを気遣い、側に寄り添い続けたといいます。
そんなハムレットのおかげで、メラニーさんは前向きに病気と向き合うようになりました。
例え苦しい思いをすることがあっても、ハムレットの優しいを顔を見るたびに心を落ち着かせることができたのです。
「てんかんによって、私は人生が脆いものだと知りました。しかし、ハムレットは人生というものは例え脆くても美しいものだということを教えてくれました。」
メラニーさんはこのように語ります。

てんかんに負けない

今や子ブタとは言えないほど大きくなったハムレット。
しかしその優しい表情は以前のままです。
ハムレットはこれからもてんかんと闘うメラニーさんの側に寄り添い、支え続けます。
メラニーさんもまた、ハムレットの支えを借りて前向きに生きていくことでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

最近盛り上がった癒される動物ツイート

画像まとめ

見るだけで心が穏やかになる仔犬たちをご紹介!【前編】

笑い

【ヤマタノオロチ】話題になった笑えるどうぶつ画像

驚き

カリフォルニア州で尻尾を持たない珍しい品種の子猫が保護される!

【クイッ】話題を集めたほっこりする動物画像24選

笑い

悲鳴続出!?早朝から飼い主さんを起こす猫たち

ある一通の手紙が膠着してしまった人々の心を和ませたストーリー

最近話題になったおもしろ動物画像22選

画像まとめ

犬を救出すべく川に飛び込んだ男性