変わった顔を持つ犬の「リサ」が、その顔をきっかけに見つけた幸せ

「私、とっても可愛いでしょ?」

[2016-05-13]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
カリフォルニア州の動物保護施設へ連れて来られた犬の「リサ」ちゃん。
彼女は保護された際、顔にいくつもの傷があり、充血した眼は手術が必要な状態でした。

里親探しの不安

他の犬とは異なる顔をしたリサを見た保護施設の方々は、リサに里親が見つかるか不安になったといいます。
通常、障害を抱えた犬や見た目が異なる犬は里親をなかなか見つけられません。
その事実を、保護施設の方々はよく理解していたのです。

ところが・・・

しかし、ある日そんなリサの顔にメロメロになってしまったという家族が現われました。
クリスティーン・ドブラーさんとその家族の方々。
彼らはリサの顔がとても気に入り、是非里親になりたいと保護施設を訪れたのです。
顔のせいで里親が見つからないかもしれないと心配されていましたが、その顔こそが里親を見つけるきっかけになったのです。
「リサが他の家族に引き取られるのは嫌でした。チャーミングな顔をしたリサを是非自分の家で育てたいと思ったのです。」
ドブラーさんはこのように語りました。

新しい名前

ドブラーさん一家はリサに「ラッキー」という新しい名前をつけました。
名前には、里親が見つかったリサだけでなく、リサに出会えた家族も幸運だという意味が込められています。

他の子と違うのは悪いことじゃない

リサ改めラッキーは素敵な家族を見つけ、幸せな暮らしを手に入れました。
他の犬と異なる顔をしていても、それを個性として捉えることが大事だと彼らは教えてくれたようです。
見た目や障害の有無に関わらず、より多くの動物達が里親を見つけ、ラッキーのように幸せになることを願いたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【クセがすごい】SNSで人気になったなごむ動物画像

自宅の庭で子猫の鳴き声を聞いた女性。声の聞こえる方へ向かうとそこには泥だらけの子猫がいた!

笑い

【あと一歩なのに!!】思わず応援したくなるペットの画像動画まとめ

笑い

男前過ぎるゴリラ「シャバーニ」が海外でも話題に!その予想外の理由とは…?

ふわふわの毛が特徴の小さな子猫。外で保護され、懸命に生きています

感動

23匹もの仔犬たちを救ってくれたのは?

驚き

知恵の輪より難しい?ニャンコたちのどうにゃってんの?な面白変ポーズ【30枚】

癒されて笑える!!Twitterで見かけた動物たちの衝撃的な光景25選

驚き

見るだけでポカポカ!モフ感がたまらないニャンコたち