10kgを超える猫。ダイエットを手伝ってくれる家族を探しています。

理想体重の2倍もある保護猫。根気強く減量をサポートしてくれる飼い主を求めています。

[2021-02-23]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ダイエットは新年の目標としてポピュラーであり、運動仲間がいると効果的です。

こちらの過体重の保護猫は、いっしょに減量の旅に出ることをいとわない家族を探しています。

14歳のモリコは、文字通りビッグ・キャットで、体重はなんと23ポンド(約10kg)。元飼い主が単純にごはんを与え過ぎてしまい、現在はシェルターで厳しいダイエットをしています。

モリコのための理想的な家庭は、いっしょに楽しく遊び、(おやつではなく)愛情をたっぷり与えてくれる家族です。
ハワイ動物愛護協会は、
「猫種と年齢を考えると、体重は約10ポンド(約4.5kg)程度でなければいけません。気難しい個性は素晴らしいですが、新年の抱負は、新しい運動と減量の旅を支えてくれる家族と暮らすことです」
と投稿しています。

同施設の首席獣医師であるケイシー・カーター博士は、
「私はモリコの性格がとても好きです。神経質で隠れたがりますが、一度抱っこすると、とても優しくチーチー鳴き、面白いしゃべり方をします。」
と話します。
モリコは、他の猫と仲良く遊んだり、人の注意を引くのが大好きです。現在ハワイキャットカフェで、誰かが引き取ってくれるのを待っています。

カフェのオーナーであるシンディ・ウォッシュバーンさんは、
「大きくて個性豊か。なでてもらうのが大好きで、あごを掻くとよだれを垂らし始めます」
と話しています。

ダイエットには時間がかかるので、モチベーションの高い家族を求めています。少量の食事を用意し、遊びや食べ物のおもちゃを使って運動させてあげる必要があります。
「いっしょにスクワットをする相手が必要なら、モリコがぴったり。いっしょに体重を減らすことができます!

たぶんレーザーを追いかけることもできると思います」
とウォッシュバーンさんは言います。

ハワイキャットカフェはハワイ動物愛護協会と提携し、1,000匹以上の猫が家族を見つける手助けをしてました。しかし、彼らの仕事はまだ終わっていません。


手作りの飲み物や洋菓子を提供しながら、猫と人が触れ合える環境を整えています。

カフェでは、猫ヨガ、カードゲーム、映画など、ユニークで楽しい体験ができます。目標は 「できるだけ多くの猫の飼い主を見つけること」 です。

モリコにも素晴らしい家族が見つかると良いですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

わんこだって時には悪さもしたくなる!飼い主を悩ませたわんこたち15選

血が繋がってなくても、本当の兄妹のようです♪

驚き

愛犬との思い出を形に!飼主の思いがひしひしと伝わってくる15選

感動

人々の心をあったかくする、ヒトと猫との物語が浮かんでくる写真

驚き

【一体化した猫】Twitterで話題の思わず笑える画像まとめ

笑い

【旭山動物園のユキヒョウの赤ちゃん】ネットで人気になったどうぶつ画像28選

【猫の自覚なし?】Twitterで話題の面白くて可愛い画像、動画まとめ

保護犬にすっかり恋をしてしまったシェルターのボランティア

通りがかりの人にごはんをもらい、きょうだい猫も連れてきた人なつこい野良猫