保護犬にすっかり恋をしてしまったシェルターのボランティア

最初は里親として一時的に預かるつもりでしたが、あまりの可愛さに、そのまま飼い主になることを決めました。

[2021-02-12]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
元野良犬のバウンス。痩せていますが、とてもかわいい子です。マッサージ・セラピスト・ボランティアのドリアンさんを含め、誰もがバウンスのことを好きになりました。

ドリアンさんはボランティア活動中にバウンスと過ごし、恋に落ちました。バウンスが3月からシェルターにいると聞き、悲しく思ったそうです。ドリアンさんは、里親になるためには何が必要か尋ねました。
ドリアンさんは里親の書類に記入し、まずバウンスを家の他の犬たちに会わせました。しかし計画通りにはいかず、犬たちは少し不機嫌な様子でした。

後日バウンスをドライブに連れ出すと、とても心がなごみ、バウンスが知的な女の子であることがわかりました。

ドリアンさんは1日休みを取り、一晩バウンスを預かりたいとシェルターに頼みました。ドリアンさんはこれまでずっと犬の世話をしてきて、バウンスにもチャンスを与えたかったのです。


その夜、3匹の犬はみんなでいっしょに楽しく遊びました。バウンスは最初不安そうにしていましたが、しばらくすると、自分の家にいるように感じたようです。ドリアンさんは、このまま世話を続けることを申し出ました。

それからしばらく経ち、ドリアンさんはバウンスがシェルターに戻ったり、他の飼い主のもとへ移ったりすることを想像しました。バウンスは素敵な女の子で、いつか会えなくなるかもしれないと考えると心が痛みました。
ドリアンさん一家は、正式に飼い主になることを考えました。バウンスには学ぶべきことがまだまだありますが、毎日進歩しています。家族から愛され、そしてバウンスも家族のことを愛しています。


「バウンスはちゃんと適応してきています。会う人すべてを愛し、新しい兄弟たちともうまくやっています。

今週、基本的な訓練を始めましたが、学ぶことが大好きみたいです。飼い主になれて本当に良かったです。バウンスは最高の犬です」
とドリアンさんは話しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【ちょい悪ネコ】Twitterで話題のちょっとダークな猫ちゃんたち

話題になった笑えるどうぶつ画像

お互い支え合う小さな子猫たち。何をするにもいっしょです。

【ロボットだにゃ!】最近ネットで話題のかわいい動物ツイート20選

【天使級♡】ツイッターで人気のとってもかわいいマンチカン画像集

感動

【感動】皮膚病を患いボロボロの状態だった子猫。治療を乗り越え奇跡の回復を遂げた彼の姿がこちら。

驚き

カラスかウサギか、どっちかって論争を巻き起こした話題を呼んだ動画とは?

感動

愛に溢れてる♡これ以上ないほどラブラブな動物達

障害のある猫、安楽死になるところを救われました。