こっそりといろいろなものを盗んできてママにプレゼントする猫

まるで自分の仕事かのように、毎朝狩りに出て成果を持ってきます。

[2021-02-09]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
モニカ・ビケンスさんは、友人から裏庭に捨てられた3匹の小さな子猫の話を聞き、そのうちの1匹を引き取って育てることにしました。

「チャイナは3匹の中で唯一の女の子で、一番小さな子でした。すでにうちには生後4ヶ月のワッフルという子猫がいて、その子がチャイナのことを気に入ったので、引き取ることにしました」
とビケンスさんは話します。
数ヵ月後、ビケンスさんは大きな庭のある家に引っ越し、チャイナはすさまじい狩人に変身しました。

「しょっちゅう生きた生き物を口にくわえて入ってきたので、外に出られないようにすべてのドアと窓を閉めておかなければならなくなりました。」
とビケンスさん。

「毎朝外に出て、家族のために狩りをしてくるのが自分の仕事だと考えているようでした」
ビケンスさんは、チャイナが虫を捕まえてくるのが嫌だったので、外に出られないようにしました。しかし、それでもまだチャイナはママのために何かを届けたいと思っていたので、今度は家の中に注意を向けました。

その後、ビケンスさんのルームメイトの靴下の山がドアの外で見つかりました。最初はルームメイトの犬が持ってきたのかと思っていましたが、結局チャイナを現行犯で捕まえました。

「変な声でニャーニャー鳴いているのが聞こえたので、ゆっくりのぞいてみると、チャイナが靴下をうちのドアのそばに置いているのが見えました。その光景はとても面白かったです」
チャイナはまた外に出るようになりましたが、幸い生き物以外のものを持ってくるようになりました。


まずはタバコ、それからマッチを持ってきて玄関の外に置いていきました。ビケンスさんには、それらがどこにあったものなのかわかりませんでした。
「数日後、さらにたくさんのものが置かれていました。チャイナは隣の家の庭に忍び込み続けました。

まるで『ねえ! これをあげようと思って!』と言っているような顔をしています。私は一日中もそれらのものを返しにいかなければなりませんでした」
ビケンスさんは、チャイナがお気に入りの土のかけらに向かって走って行き、転げ回って、それから強盗しに行くというルーティンがあることに気づきました。

その後何かを持って戻ってきて、家のドアの前に落とし、座ってビケンスさんに向かって鳴くというのがお決まりのパターンです。
ビケンスさんは友人にこのことを話しましたが、誰も信じていないようでした。そこでドアの外にカメラを設置し、InstagramとTikTokに動画を投稿することにしました。そして、チャイナによる窃盗に近所の人たちが動揺するのではないかと心配していました。

ビケンスさんは、チャイナが盗んできた品々と、このことを説明するメモを入れたバッグを近所の家に置きました。
幸い、近隣住人とトラブルになることはありませんでした。今では、ビケンスさんは自宅敷地内に「返却箱」を設置し、近所の人が盗まれたものを見つけられるようにしています。

チャイナは確かになかなかやっかいな趣味を持っていますが、ビケンスさんにとってはかけがえのない存在です。

「土の中を転げ回ったり、狩りをしたり、盗みを働いたり、テーブルを叩いたりするのが大好きですが、私はチャイナを死ぬほど愛しています。毎日私を笑わせてくれます」
と話しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【ギュってしたらきゅるん】構ってアピールが可愛すぎる!猫の「ラムちゃん」

【禰豆子を意識?】真剣な眼差しなのに口元が可愛い...もふもふ猫「つきみちゃん」

思いがけず猫のパパになり、3年後の様子をアップデート

画像まとめ

親切なバス運転手が迷子のナマケモノを救出

画像まとめ

かつてのパートナーと再会し、目を潤ませながら喜ぶ元警察犬

愛猫が持ち帰った手紙をきっかけに始まった文通♪

驚き

【出荷されるマグロの如く】箱にすっぽり収まる猫「金太くん」と「蒼太くん」

驚き

冬の時期ならではの芸術作品!雪でできた動物たち15選

画像まとめ

野生では珍しい、母親の死後に子供の世話をする父親オランウータン