愛猫が持ち帰った手紙をきっかけに始まった文通♪

いつもお外に出かけにでる愛猫のビリー。そんな彼はある日、首輪に1通の手紙を挟んで帰ってきました。そこから始まる、ほっこりする文通物語です♪

[2021-02-25]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ザックさんはいつも、愛猫のビリーが外でどこに行っているのか、気になっていました。1歳のビリーはとっても好奇心旺盛で、気が向けばドアのペット用ドアから近所周りの探検に出かけるのです。

リラックスするのも好きなビリーは、眠りもしますが、日中はお出かけでベリーは忙しいと語るザックさん。
きっと外では日光浴を楽しんで、ネズミなどを追いかけているのだろうと思っていたザックさん。ですがある日、彼は意外なことで、愛猫のビリーが二重生活を楽しんでいることが判明したと言います。

それは10月初旬のある日、ビリーが首輪にある紙を付けて、帰宅したのです。ザックさんと恋人のオルガさんは、そっとその紙を手に取ってみると、驚くことにそれはご近所さんからのお手紙だったのです。
『彼は、外に出かけると我が家に来るのが大好きなようです。玄関先に座って、中に入らせてとニャーニャー鳴くの。そんな彼を私たちは大好きです! 名前はなんというのかしら? 私たちは、ビリーと呼んでいるの。 あなたの近所より』
思いもよらなかったこの手紙に、ザックさんとオルガさんは驚きました。「私だったら、このようなことを思いつかなかったに違いない」と語ったオルガさん。でも、ビリーが他の人に可愛がってもらっている事実を、この素敵な手紙を通して知ることができ、嬉しかったと二人は言います。

そして、オルガさんはすぐに返事の手紙を書き、ビリーの首輪に挟んだと言います。手紙の送り主は、どこの誰なのか、まったく見当がつかないながら、無事に届くように祈ったオルガさんたち。
ビリーはちゃんとどこに行けばよいか、分かっていました。そして彼は再び、お返事の手紙を持ち帰ってきたのです。

相手の方も、ビリーがまるで配達員のようにちゃんと届けてくれたことに感動していました(笑)
そしてこの文通は続き、その橋渡しをビリーが郵便配達員のような役割を果たしたのです。数か月後には、12通以上の手紙を交換したザックさんたち。

その間、お薦めのテレビ番組やNetflexの作品、料理などの情報を交換したとか。まだどこの誰だかは分からないそう。知る必要はないとザックさんたちは言います。このままミステリアスのままにするのも良いと。
今ではコロナ渦でなかなか人と対面できない中、こういった形で他の人と繋がれたことは、ザックさんたちにとって嬉しい出来事でした。

そして、ビリーが外に出ても、彼を気にかけてくれる存在がいることを知れて、良かったと二人は言います。
冬がやってきたことで、ほとんど家の中で過ごすようになったビリー。なので、文通の頻度は少なくなったものの、ビリーの首輪に手紙がついているのを、見つけると嬉しいと語ったお二人。

素敵なお話ですね♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【動じない】Twitterで話題の面白くて可愛い画像まとめ

笑い

【カワウソと猫のコンビ】カワウソの「さくらちゃん」と猫の「もちくん」が可愛すぎる

驚き

【後継者現る!!!】Twitterで話題の笑える画像まとめ

【ジワる存在感】Twitterで話題の可愛くて面白い動物20ツイート

【来客対応】Twitterで話題の面白くて可愛い画像、動画まとめ

【いいとこ見つけたニャ】Twitterで話題の可愛くて面白い猫20ツイート

【昼寝観察】Twitterで話題の可愛くて面白い動物ツイート

笑い

【たしゅけて〜】助けを求める姿が可愛すぎる!チンチラの「すももちゃん」

笑い

【また洗われた〜】Twitterで話題の可愛くて面白い動物20ツイート