恐怖に怯えて脱走することもあった保護犬。新しい家で自信を取り戻しています。

人に慣れていない元野良犬。時間はかかっていますが、少しずつ家の中での生活に馴染んでいます。

[2021-02-06]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
犬のファウナは、4歳の頃にはもうすでに長い間野良犬として生活してきたようです。

郡の動物管理団体に保護されたとき、ファウナは心を閉ざし、恐怖を感じていました。

定期的に動物を引き取りに行っているレスキューSICSAのスタッフは、ファウナが犬小屋の外でつながれているのを目にしました。リードにつながれて歩く方法を知らず、地面にぺたんと這いつくばっているだけでした。

レスキューはファウナを助けることに決めましたが、そのためにはまず、輸送車に乗せるために運ぶ必要がありました。大きなマスティフ・ミックスを移動させるのは、そう簡単なことではありませんでした。
SICSAでは、社交化のためにすぐに里親に送る計画でした。しかし、そううまくはいきませんでした。

散歩に出かけたとき、ファウナはハンドラーから逃れ、走り出してしまったのです。恐怖に怯え、人に慣れていないファウナ。数日後、レスキュー裏の林に現れましたが、誰かが近づこうとすると再び姿を消してしまいました。


レスキューは、ファウナがまた外に戻っていったことに心を痛め、2月の寒さを考えるとさらに不安になりました。最終的には、犬の捕獲の経験がある地元のグループの助けを借りて、ファウナを保護することができました。

それから里親の家へ移されると、家に住む他の犬への愛が芽生えたようです。部屋の中で犬の友達と寄り添い、自信を取り戻していきました。やがて里親にもなつき、午前3時になっても注意を引こうとしました。

3ヶ月かかりましたが、ファウナは犬の友達といっしょにいることで立ち直ることができ、飼い主を探す準備が整いました。

レスキューにとってはファウナのための適切な家を見つけることが鍵で、環境に順応するまで待ってくれるような忍耐力のある家族、そして他のペットも必要でした。


それから1ヶ月かかりましたが、ついにファウナの理想の家が見つかりました。
ファウナの新しい家族は、2ヶ月たってもまだ新しい状況の中でとても神経質になっていると伝えています。しかし、確実に進歩しているとも話しています。

犬の妹と遊び、夜は飼い主といっしょにベッドで丸まって過ごすファウナ。庭ではリラックスし、遊ぶのが大好きです。リードで歩く技術は、騒がしい環境ではまだ練習中ですが、静かな森の中では良いハイキングができています。

これまで長くて大変な道のりを歩んできたファウナですが、優しい家族に見守られながら、幸せな生活を送っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

【可愛いおしり】癒やし効果抜群の投稿8選

ゴミの中で発見された猫の親子たち。同じ三毛猫の母娘が特に仲良し♪

驚き

衝撃の事実が今ここで明らかに!猫にまつわる意外と知られていないこと21選

愛情たっぷり!! 我が子を大事に抱きしめる動物たち 20枚

笑い

【胸元に注目!】話題を集めたおもしろ動物の画像ツイート28選

驚き

奇跡の模様!胸に大きなハートマークがある猫「ゾーイ」。

突然姿が見えなくなった愛犬。なんとフードコンテナの中に入り込んでいました。

インスタで人気を呼んでいるボーンボーンというネコを紹介する22枚

笑い

【心温まる♡】ネットで盛り上がった癒される動物画像25選