お互いのそばを離れず、ともに病気を克服した2匹の子猫

困難な状態で保護された子猫たち。生き残ったのは7匹のうち2匹で、生きるために一生懸命闘いました。

[2021-02-05]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
カナダ・ケベックのレスキュー『One Cat At a Time』に、7匹の子猫が危篤状態で運び込まれました。


とても弱々しくて小さく、レスキューは全員を救おうと懸命に努力しましたが、生き残ったのは2匹だけでした。


子猫の姉妹、シャーロットとビクトリアは、初日から素晴らしい闘志を見せました。

「2匹はきょうだいの中でも強い子たちでした。

シャーロットはミルクをもらえるまでにゃあにゃあ鳴き続けました。生後24時間で、のどを鳴らして毛布をこねていました。」
とレスキュー創設者のマリー・シマールさんは話します。
「ビクトリアは奇跡の子猫です。獣医は助かると思っていませんでしたが、寝る間も惜しんで何日も世話をした甲斐あって、ついに元気を取り戻しました」

姉妹猫は最初のハードルを越え、体重と体力をつけ始めました。
生後4週間の頃、2匹はまた別の難題に直面しました。非常に感染力の強いウイルス性疾患である「猫汎白血球減少症」にかかってしまったのです。通常、生後8週間未満で感染すると回復の見込みは低いとされています。

このような困難な状況でも、マリーさんは子猫たちを救うために何でもすると心に決めていました。
マリーさんは手順に正確に従い、24時間つきっきりでケアしました。

獣医は、生存確率5%未満という厳しい診断を下しました。それでも子猫たちは決してあきらめず、生きるために戦い続けました。

絶え間なくのどを鳴らしながら、腕を組んで過ごしていました。
マリーさんの愛情と世話のおかげで、2匹は見事生き残り、遊び好きで愛情深い子猫になりました。


子猫たちが病気を克服したのはまさに奇跡でした。回復力と絆が勝利へと導いたのです。その後、やんちゃな一面がすぐに現れ始めました。
小さな足に十分な力がつくと、姉妹は家全体を探検しようと、プレイルームから逃げ出そうとたくらみました。

探検を終えると、里親のひざの上で隣り合って丸くなり、次のいたずらのために体力補給をします。
すっかり甘えんぼうになった2匹。マリーさんがそばにいると、喜んで近づいていき、ひざの上に這い上がります。

「2匹はとても愛情深く、私の上で寝るのが大好きです。とても結束が強く、きっと病気を乗り越えてともに生きているということに関係があると思います」
とマリーさんは話します。
「いつもペアで遊んだり寝たりして、ゴロゴロしています。決して離れようとしません」


2匹の親友は、まもなく永遠の家族を見つける準備が整います。切っても切れない関係であり、いっしょに引き取ってくれる家族を求めています。
マリーさんの9歳の娘は、子猫たちにとっての最大のチアリーダーでした。


抱っこしてもらい、とてもうれしそうです。
小さな戦士たちは、ハッピーでかわいい子猫に生まれ変わりました。

マリーさんが仕事をしている間は肩に寄りかかり、家事をしている間はいっしょにいることを楽しみます。
「これは今までで最も困難な救助でした。シャーロットとビクトリアは生存者です。

とても愛情深く、遊び好きな子猫たちです。」
とマリーさんは伝えています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【振り返れば…!】Twitterで話題の面白くて可愛い画像、動画まとめ

驚き

【後継者現る!!!】Twitterで話題の笑える画像まとめ

驚き

【こ、怖い~~~!!】Twitterで話題の面白い動物20ツイート

【動じない】Twitterで話題の面白くて可愛い画像まとめ

笑い

【偶然並んだ】Twitterで話題の可愛くて面白い動物20ツイート

笑い

【カワウソと猫のコンビ】カワウソの「さくらちゃん」と猫の「もちくん」が可愛すぎる

片耳の人間大好きな保護猫、あっという間に新しい家族を見つけました!

ネコ好きには、たまらない!ニャンコの尻尾特集15選

甘噛み、それとも本気!ニャンコたちが飼い主に牙を向くとき