いつも変な姿勢で昼寝をする犬

大きな体を伸ばし、上半身だけ家具に乗せて眠るのがお気に入り。

[2021-02-02]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ゴールデンレトリバーとラブラドールのミックス、ハワード。いつもお昼寝してばかりです。


そして、眠るときの姿勢はいつもかなり個性的。
ハワードはとても大きな体をしていますが、特に気にしていないようです。

飼い主のキンバリー・スペンサーさんは、
「体重は約100ポンドですが、自分では25ポンドくらいだと思っているみたいです。ベッドの上でストレッチをすると、体長が5フィート(1.5m)くらいになります。私の身長と同じくらいです」
と話しています。


起きているときは、部屋を散らかしたり、邪魔になるものをひっくり返したりすることも。

「ハワードのしっぽは武器のようなもので、殴られると痛いので注意しないといけません」
とスペンサーさん。
前足や上半身だけ家具の上に置き、足を伸ばして寝るのもお気に入り。


妙な姿勢で昼寝する習慣は、子犬の頃から変わっていないそうです。
ハワードはいつかこの変な姿勢をやめるかと思っていたのですが、実際は違いました。


「でもそれでいいのです、なぜなら毎日私を笑わせてくれるからです。

ハワードは日中オットマンで眠り、たいていボールやおもちゃのアヒルを口にくわえ、いつもおしりをオットマンから出しています。

後ろ足はまるでひざをついているように見えます」
とスペンサーさんは話します。
体の半分を家具の上に乗せて眠るハワード。


この姿勢の方が気持ちよく眠れるのでしょうか?
ハワードのユニークな睡眠姿勢は、家族の生活に喜びと笑いをもたらしています。今や、オットマンはハワード専用の物になりました。

「家族にとって最高の一員です。正直、ずっと昔から家族だったような気もしています」
とスペンサーさんは言います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

毎朝抱っこをねだり続けて10年…あまえんぼうの猫♪

驚き

野生に戻されたイルカがテイルウォークを披露したら・・・みんな真似し出した!

感動

その身を呈してでも守りたかった小さな命【動画付き】

驚き

【そうじゃない】自信満々に使い方を間違えているペットたち

個性的な「笑顔」のせいで飼い主ができない保護犬

感動

愛に溢れてる♡これ以上ないほどラブラブな動物達

こわがりの母猫。子育てを手伝ってもらうと安心して…

ウォータースライダーにはまったわんちゃん♪

公園のベンチにあったものとは…