外でひとりぼっちだった子猫。里親の家で他の子猫と親友に

いつもくっついている2匹の子猫。その後夢を叶え、いっしょに新しい飼い主のもとへ旅立ちました。

[2021-01-27]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ブルックリンで見つかった小さなグレイの子猫。母親はおらず、ニューヨークのシェルターに連れてこられました。その子猫には、里親と仲間が必要でした。

その頃、ニュージャージーの『KittenBnB』で里親をするジェス・ソーレンさんが他の子猫のきょうだいを引き取るためにシェルターを訪れました。そしてひとりぼっちの子猫に気づき、この子も連れて行かなければならないと思いました。


「この子猫は他の子たちより約2週間幼いです。その日の朝シェルターに入ってきて、まだ里親が決まっていなかったので、私が連れて行きました。」
とジェスさんは振り返ります。
年上の3匹の子猫、エヴァ、ドラキュラ、ジキルは、新しい子猫のフランキーをすぐに受け入れました。

里親の家に着くと、前から仲間であったかのようにみんなでいっしょに遊び始めました。フランキーは一番小さな体をしていましたが、他の子猫についていくために一生懸命努力しました。

大きな子猫たちが部屋の中を走り回り、いろいろな種類のいたずらをする一方で、フランキーはまだ足の使い方を学んでいる途中でした。

「兄や姉がベッドでごろごろしているのを見て、満足しているようでした」
と、ジェスさんの夫のエリック・トーレンさんは話します。
フランキーは新しいきょうだいたちを慕っていましたが、ドラキュラ(黒猫)を特に気に入って、すりすりして愛情を強く求めました。

ドラキュラも心を許し、2匹はプレイペンサークルの中でいつもくっついていました。
フランキーが大きな子猫たちに追いつき、走り出していたずらに参加するまでに、もう1週間かかりました。

ドラキュラを間近で見て、遊びながらマネをしていました。
フランキーは本当にドラキュラのことが大好きで、お昼寝のたびにハグを求めました。

腕を巻いたり、となりで丸まったりして、友達の毛の中に顔をうずめて眠りました。
毎食後、2匹はいつも寄り添い、のどをゴロゴロ鳴らしました。絆は日に日に強くなり、二人が離れられないことは明らかでした。

フランキーは暴れながら走り回り、元気いっぱい。また、声高なドラキュラに語りかけてもらうのが好きです。
ドラキュラを慕ってついていく小さなフランキー。


にゃあにゃあとしゃべるドラキュラに対して、フランキーは聞き上手で、いつも話を聞いています。
のんびりやなフランキー。いつもニコッと笑ったような顔をしています。
里親のジェスさんとエリックさんは、この2匹がこれからもずっといっしょにいなければならないと感じていました。

フランキーとドラキュラは、デュオとしてなんでも2匹でやります。
そして、素敵な家族がこのかわいいペアのことを知って夢中になりました。


2匹の夢は実現し、先週いっしょに新しい家族のもとへと移っていきました。

きょうだい猫のジキルとエヴァも、他の家へいっしょに引っ越しました。
新しい住まいにすぐに落ち着くことができた2匹。快適なベッドで寄り添い始めました。


今までと同じように、フランキーはドラキュラに腕を巻き付けながらお昼寝をしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

アパートの外につながれていた子犬。その後大変身を遂げました。

かつてのパートナーと再会し、目を潤ませながら喜ぶ元警察犬

思いがけず猫のパパになり、3年後の様子をアップデート

画像まとめ

【かわいい!】帽子を被っておめかしする小動物10選

笑い

【どんどん集まってきた!】Twitterで話題の面白くて可愛い画像、動画まとめ

笑い

【猫の自覚なし?】Twitterで話題の面白くて可愛い画像、動画まとめ

病院の外でお父さんを待ち続ける犬

画像まとめ

大好きな赤ちゃんを見守るアヒルちゃん♪

【瞑想してる?】Twitterで話題の可愛くて面白い画像、動画まとめ