ウシのぬいぐるみが友達だった保護猫に、ホンモノの友達ができました

[2020-12-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ合衆国、ノースカロライナ州でが舞台。
ある寒い日、建設作業現場で保護された1匹の子猫。
動物保護施設に引き取られ、寂しくないようにウシのぬいぐるみを置いてもらいました。
それからというもの子猫は、その傍を離れることができなくなってしまったとのこと。
子猫にとっては、親友も同然。

しかし、保護施設に新たな保護された子猫が入ってくると状況は一変。
すぐに新入りの子猫に興味を示し、仲良くなりました。

ちっちゃな手足

肌身離さず持っていたウシのぬいぐるみ

保育器の中から一緒だった

元気に動き回れるように

なでなで

元気に鳴き声を

お昼寝の時間

お友達ができた!

2匹で首かしげ

あれっ

保護された子猫、ボーは、飢えや寒さに耐えていました。
施設で仲間たちと楽しく暮らした後、生涯の家が見つかりました。
ボーにとって新たな生活の幕が上がります。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【旭山動物園のユキヒョウの赤ちゃん】ネットで人気になったどうぶつ画像28選

わんちゃんのおかげで、不機嫌だった猫の人生が変わりました!

保護犬にすっかり恋をしてしまったシェルターのボランティア

愛猫が持ち帰った手紙をきっかけに始まった文通♪

驚き

【一体化した猫】Twitterで話題の思わず笑える画像まとめ

感動

【ゴミ箱から保護】お風呂で待つ猫「いなりくん」が可愛すぎる

画像まとめ

人間用のベッドから出ようとしないハスキー。男の子といっしょに眠っています。

こっそりといろいろなものを盗んできてママにプレゼントする猫

画像まとめ

車のドアを開けたままで忘れ物を取りに行き、戻ってくると犬が座っていました。