ウシのぬいぐるみが友達だった保護猫に、ホンモノの友達ができました

[2020-12-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ合衆国、ノースカロライナ州でが舞台。
ある寒い日、建設作業現場で保護された1匹の子猫。
動物保護施設に引き取られ、寂しくないようにウシのぬいぐるみを置いてもらいました。
それからというもの子猫は、その傍を離れることができなくなってしまったとのこと。
子猫にとっては、親友も同然。

しかし、保護施設に新たな保護された子猫が入ってくると状況は一変。
すぐに新入りの子猫に興味を示し、仲良くなりました。

ちっちゃな手足

肌身離さず持っていたウシのぬいぐるみ

保育器の中から一緒だった

元気に動き回れるように

なでなで

元気に鳴き声を

お昼寝の時間

お友達ができた!

2匹で首かしげ

あれっ

保護された子猫、ボーは、飢えや寒さに耐えていました。
施設で仲間たちと楽しく暮らした後、生涯の家が見つかりました。
ボーにとって新たな生活の幕が上がります。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【おおおお、オレ動いちゃダメなんだヨネ···】ツイッターで話題のおもしろ動物画像

【オンライン飲み会が一番盛り上がった瞬間】Twitterで話題の笑える画像まとめ

人気を集めた面白くてカワイイ動物画像

言葉は何もいらない!手と手で伝わる気持ち16選

【反則的な寝姿】Twitterで話題の可愛くて和む画像、動画まとめ

どの子が好み?猫たちを毛色の美しさで比べてみたら

【瞑想してる?】Twitterで話題の可愛くて面白い画像、動画まとめ

【雪の中もへっちゃら】お散歩大好き猫「ミヌエットのキナコ君」

お父さんの「新しい足」を見て驚きを隠せない猫